ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:映画 ( 201 ) タグの人気記事

ヘルボーイポスター#4 #5

b0053010_14534278.jpg

b0053010_14535464.jpg

ポスター第4弾、5弾が公開されました。


by maku-no-suke | 2019-01-17 14:55 | 映画 | Comments(0)
b0053010_18260889.jpg
ヘルボーイ予告編第1弾!が公開されましたー!
やっぱりロン・パールマンのヘルボーイに馴染みが強いので…ちょっと違和感が…。
面長すぎるのと髪型がさんばら髪ってのが気になりますねえ。
でもジョボビッチはイイ感じなので楽しみに待ちたいと思います。





by maku-no-suke | 2018-12-20 21:15 | 映画 | Comments(0)

ヘルボーイポスター#3

b0053010_14373521.jpg

新作の「ヘルボーイ」のポスター第3弾が公開されました。
イラスト上の表現なのかかなり角が長い!!
でもムードがあって良いですね。


by maku-no-suke | 2018-12-19 14:40 | 映画 | Comments(0)
b0053010_15343892.jpg

デル・トロ監督、噂ではいろんな作品をやるって言ってたけど、全部キャンセルしてるのかなあと思っていたんですが、ちゃんと脚本まで出来上がっていた作品が18本もあったんですね!!
この中で私が見たいのは、やはり前から「やる!」と言っている「狂気の山脈にて」
いつになっても良いので公開に漕ぎ着けると良いなあと思っております。

-----------------------------------------------------------------------------------

ギレルモ・デル・トロ監督が脚本を完成させながら実現できていない18作品
2018年11月28日 11:00
[映画.com ニュース] https://eiga.com/news/20181128/6/
第90回アカデミー賞で4冠に輝いた「シェイプ・オブ・ウォーター」を手がけた奇才ギレルモ・デル・トロ監督が、これまでに脚本を完成させながら実現できていない映画とドラマ企画が18本あることを、自身のTwitterで明らかにした。

デル・トロ監督は、長年の夢だったストップモーションアニメ版「ピノキオ」についに着手したばかりだが、その裏では苦節の日々を過ごしてきたようだ。このほど、自らTwitterで、脚本を完成させながらも実現に至っていない企画をリストアップ。DC映画「ジャスティス・リーグ・ダーク」、H・P・ラブクラフト原作「狂気の山脈にて(原題:At the Mountains of Madness)」、リメイク版「ミクロの決死圏(原題:Fantastic Voyage)」、カズオ・イシグロ原作「忘れられた巨人(原題:The Buried Giant)」」など注目作がずらりと並ぶ。

さらに、エマ・ワトソン主演で映画化されたディスニー映画「美女と野獣」(ビル・コンドン監督)、「パシフィック・リム:アップライジング」(スティーブン・S・デナイト監督)として映画化された作品も、デル・トロ監督が執筆した脚本とは内容が大きく異なったものになっているという。テレビドラマ版「ハルク」のパイロット版の脚本も執筆しており、その数は18本に及ぶ。「それぞれの脚本執筆には1年程度かかるため、10年以上の仕事が失われていることになる(『狂気の山脈にて』に関しては、ロケハンやデザインまでやっているのでもっとかかっている)」と、コメントも投稿している。

このリストを公開したのは、念願の企画を生きながらえさせるためだという。また、「忘れられた巨人」「Midnight Alley(原題)」「ミクロの決死圏」は、まだ実現の可能性が残されているようだ。(映画.com速報)


[IGN JAPAN]https://jp.ign.com/movie/31083/news/17
デル・トロがリストに挙げた全作品は『The Witches』、『Justice League Dark』、実写版『美女と野獣』、『At the Mountains of Madness(原題)』、『Fantastic Voyage(原題)』、『Count of Montecristo(原題)』、『Mephisto's Bridge(原題)』、『パシフィック・リム2』、『Superstitious(原題)』、『Nightmare Alley(原題)』『Haunted Mansion(原題)』『A pilot for The Hulk(原題)』『The Buried Giant(原題)』『The Coffin(原題)』『Drood(原題)』『List of 7(原題)』『Wind and the Willows (原題)』となり、18作品目となる脚本は“秘密のプロジェクト”と呼ばれ、タイトル未定だとのこと。


by maku-no-suke | 2018-12-03 15:48 | スタッフ | Comments(0)
b0053010_10140533.jpg

10月23日の記事を今頃ですみません。
アップした気になっていて忘れてました!!
ソースはシネマトゥデイさんです。https://www.cinematoday.jp/news/N0104413

----------------------------------------------------------------------------------------

2018年10月23日 13時03分
 映画『パンズ・ラビリンス』『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督が、ストップモーションアニメ映画『ピノキオ(原題) / Pinocchio』で監督を務めることが決定した。デル・トロが、アニメーション映画の監督を務めるのはこれが初めて。現地時間22日、Netflixが発表した。

 デル・トロ監督は童話「ピノキオ」の映画化企画を長年にわたって温めてきたことで知られ、念願かなっての実現となる。同作はムッソリーニの下、ファシズムが台頭してきた1930年代のイタリアを舞台にしたストップモーションアニメ・ミュージカルになるといい、ディズニーアニメ版『ピノキオ』よりも、デル・トロ監督のダークファンタジー『パンズ・ラビリンス』に近い作品になりそうだ。この秋より制作開始となる。

 デル・トロは監督だけでなく、脚本、製作も担当し、脚本はテレビ映画『オーバー・ザ・ガーデンウォール』のパトリック・マクへイル、監督は『ファンタスティックMr.FOX』のマーク・グスタフソンと共に務める。ピノキオは、イラストレーターのグリス・グリムリーのデザインに基づいたものとなる。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

by maku-no-suke | 2018-11-28 10:15 | 映画 | Comments(0)
b0053010_15303967.jpg

昨日、アマゾンに注文してあったデル・トロ監督と「パンズ・ラビリンス」のペイルマンのPOPフィギュアが海外から到着ー!

発送先が別の店だったので、先日パンさんだけが先に来ていたんですが、監督の方が待ち遠しかったぁ!ペイルマンは飾りっ気ないので、そんなに気にはしていなかったんですけど、やはり「パンズ・ラビリンス」ファンとしては押さえとかなくちゃーと思って頼んだんですけどね。


b0053010_15311107.jpg

いや~デル・トロ監督思った以上に良いわ~!
いつも本人がはめている指輪とデザインを描き貯めているデザイン本を持っているのも特典高いけど、ちゃんとメガネにもレンズが入っているところがミソ!


b0053010_15305545.jpg

で、こちらは「パンズ・ラビリンス」のペイルマン。
POPは普通立たせられるように台座が付いてるんですけど、デル・トロ監督共にペイルマンも台座なし。形状上、こちらは立たせられず、背景に立てかけて撮影したので、背景は画像処理ソフトでぼかしました。

ちなみに顔の真ん中にあるのは鼻の穴で、目は両手についています。マクタロウ曰く「手の目は黒い丸じゃないんだ」…「うん?」と思った私ですが、POPの目は基本黒い丸目なので、少し遅れてから「成る程ねえ」と!なんだか手の赤い目が逆にシリアスで怖いんですけどぉ~!


by maku-no-suke | 2018-11-22 15:41 | フィギュア | Comments(0)
b0053010_16384089.jpg
アマゾンに注文したパンズ・ラビリンスのPOP!のパンさんが遙々海を越えて本日到着!
送料込みで1650円くらいでしたー!
最初、箱のキャラクター名を見て「パンさんじゃないの?」とビックリしてしまいましたが、 Fauno(ファウヌス)はイタリア神話でギリシャ神話のパンさんの呼び名のようです。パンって固有名詞じゃなかったのかしらねえ。


b0053010_16385737.jpg
こちらフィギュアのアップ。
下のポスターのパンさんとくらべて戴けるとわかりますが、おでこの渦巻きや短剣、指の形など、このディフォルメでも、かなり頑張って似せてるところが良いですよねえ。


b0053010_16400631.jpg


by maku-no-suke | 2018-11-20 16:44 | フィギュア | Comments(0)
b0053010_15063253.jpg

おととい、Tumblrde(タンブラー)で画像を眺めていたらデル・トロ監督のPOP!を自宅で撮っている海外の人の画像を発見!出るって話は聞いていたけど、日本のFunkoの公式サイトやトイサピエンス、豆魚雷でも告知されなかったから、まだだとばかり思い込んでました。

ググったら、「パンズ・ラビリンス」のパンさんやペイルマン、「シェイプ・オブ・ウォーター」の半魚人さんやイライザのPOPも発売されてるじゃありませんかぁ!
で、さらにググったら日本のアマゾンでも買えるようだったので(海外発送だけど)10倍くらいの値段で売っている「シェイプ・オブ・ウォーター」は諦めて、監督とパンさん、ペイルマンの3体を注文しました!10日くらい掛かるようですが、今から届くのが楽しみです!半魚人とイライザも欲しいなあ。


by maku-no-suke | 2018-11-08 15:09 | フィギュア | Comments(0)
b0053010_09344702.jpg


b0053010_09345415.jpg


新作の「ヘルボーイ」のポスターとバナーが公開されました。
ポスターは角付きバージョンですねえ。
どんな作品になるのか今から楽しみです。


by maku-no-suke | 2018-10-08 09:36 | 映画 | Comments(0)

ちょっとキングを彷彿とさせる小説の映画化だけど、
監督が「トロール・ハンター」の
人だと知って、ちょっぴり期待しています。
可能な限りもっとも恐ろしい映画化…ってどんな映像になるんでしょうかねえ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

@eigacom https://eiga.com/news/20180903/9/
ギレルモ・デル・トロ製作、YA小説原作映画のキャストが決定
2018年9月3日 14:00
[映画.com ニュース]アカデミー賞4冠に輝いた「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督がプロデューサーを務める新作映画「Scary Stories To Tell In The Dark(原題)」のキャストが正式決定したと、米Deadlineが報じた。

同作は、アルビン・シュワルツの同名YA小説シリーズの映画化で、複数の残虐殺人が発生した田舎町を舞台に、10代の若者たちが犯人捜しをするという群像劇。ノルウェー人監督のアンドレ・ウーブレダル(「トロール・ハンター」「ジェーン・ドウの解剖」)がメガホンを取り、デル・トロ監督はプロデューサーとして支援する。

「Scary Stories To Tell In The Dark(原題)」の主人公に抜擢されたのは、マイケル・ガーザ(「ウェイワード・パインズ 出口のない街」)、オースティン・エイブラムズ(「ウォーキング・デッド」)、ガブリエル・ラッシュ(「ムーンライズ・キングダム」)、オースティン・ザユル(「フィスト・ファイト」)、ナタリー・ガンツホーン(「Make it Pop(原題)」)といずれも無名の若手俳優たちだが、「可能な限りもっとも恐ろしい映画化を実現するために必要な完璧なキャストを集めるため、数ヶ月を費やしました」とウーブレダル監督は胸を張る。デル・トロ監督も「アンドレのヴィジョンを支援できること、他のパートナーとともに『Scary Stories』の素晴らしい世界を映画で紹介できることをとても誇りに思っています」と声明を発表している。

製作はCBS FilmsとeOneで、今週クランクインする。
(映画.com速報)


by maku-no-suke | 2018-09-05 14:44 | スタッフ | Comments(0)