ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:パシフィック・リム ( 128 ) タグの人気記事

b0053010_13595726.jpg
engadget http://japanese.engadget.com/2016/06/06/2/#

BY Munenori Taniguchi 2016年06月07日 10時50分

一時は無期限延期になっていたSF映画『パシフィック・リム2』の主演俳優が、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演していたジョン・ボイエガに決定しました。
監督の座をスティーブン・S・デナイトに譲ったギレルモ・デル・トロも、
主役の決定を受けて「もうすぐ撮影開始だ!」と喜びの声をツイートしています。

昨年の無期限延期後も「企画は進行中だ」としていたギレルモ・デル・トロ監督は、
今年の2月になってTVドラマ版『デアデビル』などに関わっていた
スティーブン・S・デナイトに会い、『パシフィック・リム2』の監督を任せる決定をしたことを公表。自身もまた作品をバックアップして行くと宣言していました。

6月6日にDeadlineが報じたところによると、『パシフィック・リム2』の主演には
新たにジョン・ボイエガが決定し、前作でイドリス・エルバが扮した
スタッカー・ペントコストの息子の役を演じるとのこと。
ジョン・ボイエガおよび、スティーブン・S・デナイトは
それぞれTwitterで映画に関わっていくことについて
「とてもエキサイトだ!」と鼻息も荒くツイートしています。

紆余曲折あってファンをやきもきさせた『パシフィック・リム2』ですが、
監督および主演が決定したことで本格的に再始動することになりそうです。
撮影は今年第4四半期からの予定。配給は中国以外では
ユニバーサル・ピクチャーズとのこと。
なお、気になるのは前作の主要キャスト陣が再び顔を揃えるのかというところ。
ギレルモ・デル・トロは1月に「前作では配役の半分を殺してしまったけど、
残っているキャストは皆、再び出演すると思う」と発言しています。

また、主演が決定したジョン・ボイエガに関しては、
『スター・ウォーズ』のエピソードVIIIに引き続き関わっているほか、
トム・ハンクス、エマ・ワトソンらと共演する『The Circle』など、
出演作が目白押しとなっています。


い、いつの間に話しがこんなに進展していたんでしょうか!
まさかスタッカーさんに息子がいるなんて!!
コミックでもそんなのは微塵も匂わせてなかったと思うんですけど…
って、だいたいスタッカーさんにこんな大きな子がいるとも思えないんだけどなあ。
デルトロ監督の「残ってるキャストは再び出演すると思う」…
と言う発言も、こんな展開になる前の話だしなあ。
出るかどうかは微妙じゃないのかなあ?
うーん。なんだかデルトロらしさが抜けて違う作品になった
ロボット映画になっちゃうんじゃないかと、ちょっと心配しています。

[PR]
by maku-no-suke | 2016-06-08 14:21 | 映画 | Comments(0)
b0053010_15213737.jpg
Showrunner Steven DeKnight speaks onstage during the Netflix showrunners panel discussion at the Netflix portion of the 2015 Summer TCA Tour at The Beverly Hilton Hotel on July 28, 2015 in Beverly Hills, California.

シネマトゥデイニュース http://www.cinematoday.jp/page/N0080625

2016年2月24日 14時54分
『パシフィック・リム』続編、デル・トロ監督が降板!「デアデビル」新鋭がメガホン!

 映画『パシフィック・リム』の続編で、前作のギレルモ・デル・トロがメガホンを取らないことが明らかになった。新監督には、ドラマ「Marvel デアデビル」のスティーヴン・S・デナイトが決定している。The Wrap などが報じた。

 監督の座を譲ったデル・トロだが、本作にはプロデューサーとして携わるという。デル・トロは現在、1966年公開のSF映画『ミクロの決死圏』のリメイク版や、アルバン・シュワルツ著の怪談集「Scary Stories to Tell in the Dark」を映画化するというプロジェクトを抱えており、忙しさが降板の理由とみられている。

 そして、「Marvel デアデビル」のシーズン1が成功を収めたことで、今回大抜てきされたデナイトは本作で長編映画監督デビューを果たす。前作で原案・脚本を務めたトラヴィス・ビーチャムが作り出したキャラクターをベースに、『プロメテウス』などのジョン・スペイツが脚本を担当。3D映画として製作される予定だという。

 昨年9月末、本続編を手掛ける米ユニバーサル・ピクチャーズが製作・公開延期が発表してから、実現を不安視する声も多かったが、今回の新監督決定から本企画が立ち消えになっているわけではないようだ。新たな全米公開予定日は明らかになっていない。デル・トロがかじを取った前作は、世界各国を襲撃する謎の巨大生命体を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの姿を壮大なスケールで活写し、話題となった。(編集部・石神恵美子)


-----------------------------------------

いや~これねえ。
確かに「パシフィック・リム」はデルトロ作品としても面白かったですよ~。
なってったって映画館で7回も見ちゃったんだから…。
だけど、それもデルトロがやってたからなわけで…。
デルトロが製作もやるとは言え、監督が別の人(しかも新鋭!)がやるとなると、
若干、期待度(見たい度)が下がっちゃうんですよねえ。
デルトロみたいなこだわりがスティーヴン・S・デナイト監督にもあればいいんですけどねえ。

1作目の主要キャラが出るなら見たい気もするけど、
単にロボットと怪獣が戦うって云うなんちゃって続編の「GIジョー2」みたいな
作品にならないことを祈るばかりです。
まあ、デルトロ的には、他の作品>パシリム2 だったわけで…
そういうとこからも、あまり期待出来ないかも~って思っちゃうのですが、
うまく化けてくれるように願っています。

こちらに「パシリム2」に関するデルトロのツイッターの発言が読めます。
(日本語に翻訳してくれているありがたいページです。)
http://beagle-voyage.com/movie-guillemo-del-toro-says-pacfic-rim2-2016.html



[PR]
by maku-no-suke | 2016-02-25 15:46 | 映画 | Comments(0)
20160112-05.jpg

b0053010_12271618.jpg









1/8に「ハリウッド・リポーター誌」により
「無期限で検討外」と伝えられた「パシフィック・リム2」
中国の万達がレジェンダリー支配株主になった事も作品に影響を
与えるのではないかと予測しているというニュースを同紙が伝えておりましたが、
それに対しデルトロ監督がツイッターでこんなふうにコメント。↑
上記画像は画像をキャプチャしたものでリンクはしていません。


b0053010_12282745.jpg











こちら「映画秘宝」さんがそれを訳してツイートしてくれました。
あ~良かった。しかしなんでこうも「やる」「やらない」って報道が出るんだろうか?
私は、ユニバーサルが金にならないと踏んで
イマイチ乗り気じゃないのが原因かと思ってるんですけどねえ。
「パシリム」はむしろ中国でもヒットしたんだし、何故に買収元の中国の企業が
続編を望んでいないのかわけわからん!!「レジェゴジ」続編もどうなるのかなあ?
上記画像は画像をキャプチャしたものでリンクはしていません。
[PR]
by maku-no-suke | 2016-01-13 12:37 | 映画 | Comments(0)
b0053010_1272035.jpg
「パシフィック・リム2」が「無期限で検討外」ですとぉ~!!
ってことは…やらないってことなんでしょうかねえ。
なんか悲しいわ。上記画像は画像をキャプチャしたものでリンクはしていません。


b0053010_1273159.jpg
でも、そのお陰か…
デルトロ監督がキャメロンの後押しもあって「ブレイド2」でコンビを組んだ
脚本家デヴィッド・S・ゴイヤーと再タッグで「ミクロの決死圏」をリメイクとの噂も。
う~~~ん。「パシリム2」も見たいけど、ここはキャメロンとの仲もあるし…
やはり「ミクロの決死圏」の方が現実を帯びてきましたねえ。
…って、監督「ヘルボーイ3」は?
上記画像は画像をキャプチャしたものでリンクはしていません。
[PR]
by maku-no-suke | 2016-01-08 23:00 | 映画 | Comments(0)
20151122-02.jpg

今日マクタロウと「パシフィック・リム」の4DX字幕版を見て来ました。
4DX未体験だったので、再上映があると聞いて、
それじゃあ1回体験してみようかって話になりまして。
これで「パシフィック・リム」を映画館で見るのは7回目になります。
もちろん こちらの「パシリムポスターパーカー」 を着ていきましたよ!


20151122-03.jpg

で、上映前に3Dメガネを買わなければならなくて…
普通の黒縁のプラスチックのメガネが100円、そしてこちらのメガネの上に止める
クリップ式のメガネが400円。同然、以前からメガネの上にメガネでズレ落ちるのが
苦になっていた私はクリップ式のメガネを購入。

メガネがズレ落ちなくなってその点では快適だったんですが問題は4DXの4の部分。
なんだか揺れが私的には中途半端な感じ。
マコとローリーが棒術で手合わせするシーンもそこで揺れるのか?って感じで。
スター・ツアーズやUSJのスパイダーマンのアトラクションのように常に視点が
自分ならいいんですが、映画だと第三者視点だし、なんか微妙なんです。
あとはタイトルロールが出る前にカメラが上にパンして引いていくんですが、
それに合わせて席も上に持ち上げられるようになるのもそうなのかなあ?
…と思ったりなんかして。

たしかに香港のイェガー対カイジュウのシーンのいくつかはより迫力があったし、
オオタチの赤ちゃんが飛び出してきてニュートを襲うシーンも
ニュートの慌て振りがより伝わって来たように思います。
だけど、オオタチがジプシー・デンジャーと戦って冷却装置で排出された冷気で
オオタチのしっぽを切るシーンでスクリーン手前に出る煙で画面が見えなくなっちゃって…
気がついたら切れてた-なんて事も!!
それにやっぱり揺れてる時間が多いのでちょっと首に来まして…。
あまりリウマチの方向けではないかな~とも思いました。
まあ、帰宅途中で痛みも気にならなくなりましたが…。

と言う事で、正直1回目をこれで見るのはちょっとつらいかなあ。
金額もコロナワールドだと基本料金大人1700円 (ウチはハンディキャップで1000円)
+1300円=3000円 ( 2300円 ) で見るのは、ちょっと贅沢かなあって感じですかねえ。
スター・ウォーズEP7も何回か見たら ( 何回も見たくなるような作品になっていればいいけど
もし私的にビビっと来て何回も見るようなら ) 見てもいいかなあ~とは私は思ってますが、
マクタロウは2度と行きたくないとか行ってるし~ 。(>_<)

やっぱり私は映像がハッキリ見える2D派なんだなあとつくづく自覚してしまして…
帰宅後、ブルーレイで「パシフィック・リム」のタイトルが出るところまで
鮮明な画面で見直してスッキリしました。
いや、まあ、でも貴重な体験が出来て良かったです。
[PR]
by maku-no-suke | 2015-11-22 22:45 | 映画 | Comments(0)
20151001-04.jpg
PARIS, FRANCE - SEPTEMBER 28: (L-R) Tom Hiddleston, Mia Wasikowska and Guillermo del Toro attend the 'Crimson Peak' Paris Premiere at UGC Cine Cite Bercy on September 28, 2015 in Paris, France. (Photo by Kay-Paris Fernandes/Getty Images)

いや~一時は製作そのものが無期延期とされていた「パシフィック・リム」の続編ですが、
翌日にデルト監督のインタビューが映画サイトに掲載され無期延期を否定。
問題はユニバーサル次第だったわけですが…
昨日そのユニバーサルが公開を延期するとの声明を発表したとのこと。

ってことは、いつになるかは不明ながらも続編ありと言う事になったんですねー!(≧▽≦)
私の想いが…いや全世界のデルトロファン、パシリムファンの想いが…
ユニバーサルに届いたのかも~ぉ!!

「パシフィック・リム」続編、延期が発表される
2015年9月30日 14時02分
シネマトゥディ http://www.cinematoday.jp/page/N0076882

映画『パシフィック・リム』の続編の延期をユニバーサル・ピクチャーズが認めたと、現地時間29日にVarietyなど複数のサイトが報じた。

Colliderによると、同社は「レジェンダリー・ピクチャーズの『パシフィック・リム2(原題) / Pacific Rim 2』は、元々2017年8月4日を公開予定日としていたが、再設定することになった」とコメント。「素晴らしい成果を出した前作を超えるために製作により時間を割きたいので、製作と公開日を延期する」と声明を発表したとのこと。

ギレルモ・デル・トロ監督は今月、同作について「僕らは脚本と予算を3週間後に提出する予定だよ。僕の知る限り、映画の製作は続いている。僕らはまだ作業中なんだから」とEW.comにコメントしていた。

ディズニーランドの人気アトラクション「ホーンテッドマンション」の映画化作品や、アニメ映画『ピノキオ(原題) / Pinocchio』、映画『ヘルボーイ』第3弾など多数の企画を抱えているデル・トロ監督。次作は低予算のインディペンデント作品になると現地時間29日に発刊されたVariety誌のインタビューで明かしたという。(編集部・高橋典子)


[PR]
by maku-no-suke | 2015-10-01 23:00 | 映画 | Comments(0)
20150918-04.jpg

午前中に「パシフィック・リム2」無期延期なんて記事を書いて多少落ち込んでいたら
その後、デルトロ監督がツイッターを始めたことを知りさっそくフォロー!
( その前に気づいたとは言え、教えてくれたMちゃんありがとう!)

夕方、某SNSでデルトロ監督が無期延期の噂を否定した事を知りおぉーとなりました。
いや~、これってやっぱりユニバーサルがどんだけ「パシリム」が多くの人に
愛されているのかわかれば一発解決って話じゃないですか!
誰か英語が達者な人、ユニバーサルに教えてやって下さい。(他力本願ですみません!)

『パシフィック・リム』続編は製作中!無期限延期のうわさを監督が否定
ソース元 シネマトゥディ http://www.cinematoday.jp/page/N0076661
2015年9月18日 14時10分

先日 The Hollywood Reporter の報道により、無期限延期とうわさされていた映画『パシフィック・リム』続編について、ギレルモ・デル・トロ監督がEW.comにコメント。現在も製作中であることを明かした。デル・トロ監督は、「僕らは脚本と予算を3週間後に提出する予定だよ」と言うと、「僕の知る限り、映画の製作は続いている。僕らはまだ作業中なんだから」と無期限延期のうわさを否定。一時的な延期の可能性はあると語りながらも、「現在も企画は進行している」と主張した。

ディズニーランドの人気アトラクション「ホーンテッドマンション」の映画化作品や、アニメ映画『ピノキオ(原題) / Pinocchio』などの複数の企画を抱えているデル・トロ監督。「(『パシフィック・リム』続編製作中に)ほかの映画をはさむかもしれないけど」と話しつつも、彼の作りたい映画は『ヘルボーイ』第3弾や『パシフィック・リム』続編なのだそうで、「(これらの作品を作るために)早くお金持ちになりたいよ」と笑っていたという。

The Hollywood Reporter は、レジェンダリー・ピクチャーズが、キングコングの起源を描く映画『コング:スカル・アイランド(原題) / Kong: Skull Island』の製作会社をユニバーサル・ピクチャーズからワーナー・ブラザースに変更した影響により、ユニバーサル・ピクチャーズで製作中の本作が無期限延期になると関係者が語ったと報じていた。(編集部・井本早紀)



b0053010_15475642.jpg










デルトロ監督の最初ののツイート。
「やあ、本当に僕だよ。僕の名前を使って投稿している人もいるけれど
(なぜだかわからないが)まあ、とにかく僕だよ。
そんなにたくさん使わないと思うけど、やってみるね!」
詳しくはシネマトゥディのこの記事に書いてあります。

やっぱり「クリムゾン・ピーク」への意気込みを感じますね。
次の作品のためには是非ともこれをヒットさせないとって言う感じで。
日本公開が決まったら全力で応援するのでまずはアメリカでのヒット願っています!
[PR]
by maku-no-suke | 2015-09-18 23:30 | 映画 | Comments(0)
20150917-03.jpg

おとといの夜寝ようとして背中の痛いところに
エアコンのリモコンがあるのに気が付かず思い切り寝てしまって…激痛!
その後痛くて…結局昨日は1日横になってました。
今朝になってだいぶ楽になって来ましたが、
明日のリハビリでは事情を話して背中のマッサージは避けてもらうようにします。

で~寝てる間に(昨日あたるさんがコメントもしてくれたんですが)
パシリム2の製作が無期延期のニュースを見てそう来たか…って感じ。

ソース Engadget Japanese: http://japanese.engadget.com/2015/09/16/2/
 
2017年公開予定だったギレルモ・デル・トロ監督の映画『パシフィック・リム2』の制作が、無期限延期になりました。11月にもクランクインする予定でしたが、配給元のユニバーサル・ピクチャーズはこの件についてコメントしていません。
 
映画『パシフィック・リム』といえば、巨大怪獣と巨大ロボットの壮絶な戦いという、特撮ファンにはたまらないシチュエーションで日本でも高い人気を誇ります。第1作の公開前から進行していたとされる続編は、2017年の公開決定が伝えられたばかりでした。
ところがエンターテインメント情報サイト Variety によれば、この水曜日に制作会社のレジェンダリー・ピクチャーズが『パシフィック・リム』続編の企画を無期限に保留したとのこと。またワーナーに代わって続編の配給を担当するユニバーサル・ピクチャーズはこの件について沈黙しています。
続編に関しては、第1作に登場した科学者コンビの再登板が伝えられていました。また続編の脚本の概要からすでに3作目を計画していることもわかっています。

映画情報サイト Hollywood Reporter は、レジェンダリーは続編の制作を希望していたものの、第1作の興行収入が北米全体で製作費の半分ほどにとどまり、全世界合計でも製作費の2倍にしかならなかったことが影響したとしています。
また、レジェンダリーはワーナーと組んでいた時期には『ダーク・ナイト』、『インセプション』といったヒット作を放っていたのに対し、ユニバーサルと組んでからはそれほど目立った成績をあげられず、逆にわずかに関わっただけの『ジュラシック・ワールド』の特大ヒットからおこぼれを持っていく格好となっていることなども指摘されています。こうした経緯からユニバーサル側のレジェンダリーに対する不信感が高まっていた可能性もありそうです。

ファンにとっては非常に残念な話ですが、正式に『パシフィック・リム2』の制作中止が伝えられたわけではありません。制作発表から12年の紆余曲折を経て「ヒャッハー!!」と大輪の花を咲かせた『マッド・マックス 怒りのデスロード』の例もあります。少しでも早く問題が解決し、制作再開の報が届くのを待ちたいところです。


なんかねえ。デルトロ作品ってやるやる言ってて
やってないのがなにげに多いんですよねえ。
「狂気の山脈にて」とか「ピノキオ」のアニメ化とか
浦沢さんの「モンスター」を映画化…なんて話もありましたし、
「ホビット」に至っては脚本書いて監督もするってことになっていたのに
結局スケジュールが折り合わずPJ監督と交代ってこともあったし…

大の映画「ヘルボーイ」好きからすると「ヘルボーイ3」を
2007年から待ってるんんですけど結局流れたと言われ、
その後2012年にもしかしたらやるかも?って言われてはや3年。
先ごろヘルボーイ役のロン・パールマンが
「ヘルボーイの双子の子供は男女で女の子はリズ似なんだけど男の子はヘルボーイ似」
と発言して、もしかしたら少しは進んでいるかも?とうっすらと希望は湧いて来たんですが、
リズ役のセルマ・ブレアのお年が心配。それを言うとパン・パールマンも65歳だしなあ。
体力があるうちに(スタントは他の人がやるにしてもあのメイクで演技をするのも大変そう)
やって欲しいと思っているんですけどねえ。

まあ「パシフィック・リム」は上の記事を読むと
配給のユニバーサルさえ首を縦に降ってくれればなんとかなりそうなので…
ここはファンがユニバーサルを動かすしかないかな。(簡単でもないか!)
嘆願書でも書く?…でも英語がねえ。(笑)
[PR]
by maku-no-suke | 2015-09-18 23:00 | 映画 | Comments(0)
Connect with Pieces - Puzzle Building Game - Pacific Rim - 700 Pc
Connect with Pieces - Puzzle Building Game - Pacific Rim - 700 Pc

クランクイン! : http://www.crank-in.net/movie/news/38012

2015年07月22日 11:47
怪獣と巨大ロボットの戦いを描いたギレルモ・デル・トロ監督のSFアクション大作『パシフィック・リム』。続編の撮影スケジュールと衝突するためDCコミックの『ジャスティス・リーグ』実写化から降板したというデル・トロ監督だが、続報によると第2弾のタイトルに『パシフィック・リム』の文字がない可能性が出てきたようだ。

第2弾の正式タイトルは決定していないものの、Global Newsによると『Maelstrom/メイルストロム(原題)』の仮題でプロダクションが進んでいるという。「Maelstrom」は「大渦巻き」や「大混乱」という意味があるが、ストーリーとの関連性は不明だ。

昨年のColliderとのインタビューでデル・トロ監督は、第2弾の方向性が「1作目とは全く違う」と語っていた。今月、Yahoo!Moviesとのインタビューでは11月から撮影が始まり、ストーリーの終盤に映画史上に残るような凄い戦闘が描かれると明かしていた。また新作『Crimson Peak(原題)』を引っ提げてサンディエゴ・コミコンに出席した際には、第2弾は1作目から数年経っている設定で、怪獣にフォーカスしていると語っていたという。

 『パシフィック・リム』続編は当初の2017年4月から2017年8月4日へ全米公開が先送りになった。撮影は1作目と同じカナダ・トロントのパインウッド・トロント・スタジオで行われる予定。前作のキャスト、チャーリー・ハナムや菊地凛子の出演は未定。
[PR]
by maku-no-suke | 2015-07-22 22:01 | 映画 | Comments(0)
b0053010_17572334.jpg


シネマトゥデイ : http://www.cinematoday.jp/page/N0074931

2015年7月15日 15時43分
 ギレルモ・デル・トロ監督が、今年11月から映画『パシフィック・リム』の続編の撮影を始めると米Yahooに語った。

 『パシフィック・リム』(2013)は、深海から突如現れたKAIJU(怪獣)を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーに乗り込んだ世界各国のパイロットたちの戦いを描いたSFアクション。デル・トロ監督は続編の進捗状況について「今はロボットとKAIJUをデザインすることに没頭しているよ。バトルを考えるのが楽しいんだ。続編の最後には壮大なバトルがあって、数週間前からそのデザインを始めている」と明かすと、「これから3~4か月間デザインをやって、11月に撮影を始める」と撮影開始時期に言及した。

 デル・トロ監督がかつてColliderに語ったところによると、続編では1作目から数年後の、KAIJUの脅威が去った世界を舞台に、イェーガーのテクノロジーに何が起きるのかを描くのだという。続編のメインキャラクターのうち2人は、怪獣オタクのニュートン・ガイズラー博士(チャーリー・デイ)&気難しいハーマン・ゴットリーブ博士(バーン・ゴーマン)というおなじみの科学者コンビになる。

 また、デル・トロ監督はすでに第3弾の製作を視野に入れており、第1弾の何人かのキャラクターは第3弾につなげるため、第2弾のラストで登場させるつもりだとも明かしていた。『パシフィック・リム』続編の全米公開は2017年8月4日を予定している。(編集部・市川遥)
[PR]
by maku-no-suke | 2015-07-15 17:59 | 映画 | Comments(0)