ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

ブレイド2!

b0053010_11542176.gifついに見ましたですよー!
「ヘルボーイ」でデルトロ監督に開眼した私としてはいつかは見なくちゃいけない作品の1本でした。
いや~、はっきり言ってこれがなければ「ヘルボーイ」は生まれなかったとは思いますが、年なのか…アクションの詰めすぎで、私にはちとキツかったかなぁ~。でも、そこここに「ヘルボーイ」への布石が感じられて嬉しかったですね。音楽もマルコ・ベルトラミで結構まんまって感じだったしー。(それもまた嬉しいんだが…。)

作品としての色合いは、出だしからデルトロ色一色で良い感じ。
プラハのロケも充分生きてるし、最初のバイクアクションからニッサとアサドとの戦闘シーンも監督の言葉通りまさに「アメコミと日本のアニメ、両者の感覚の融合を図った」スタイリッシュでアニメの動画のような演出が小気味いいーっ!ここは、もろ「クロエネン」のアクションを彷彿とさせられて、ちょっと萌えました。またバックにいくつものライトを配したセットのビジュアル的センスも買いたい!
きっとデルトロ監督の頭の中には明確なビジョンがあって、それを映像化出来る才能があるんでしょうねえ。

ロンおやじファンとしては、今回もいつも通り、与えられた役をきちんとこなしてくれていて、嬉しかった。あのふてぶてしさ、どしっとした重量感のある動き…たまりませんなあ。(笑)
(↑要するにマッチョでバカっぽいキャラを演じる役者好き!アーノルドさん、カムバーックッ!)
実はスカッドと…だったなんて、結構キレるヤツじゃん!
…って、
そうだぁ!!スカッドって、たしかBPRDのTシャツ着ていたとかって話…
すっかり忘れてたよぉ!!ガビーーーン!今度見る時にはしっかり確認しなくちゃ!

というか、次にこの作品を見られるくらいの体力がある時って、いったい何時?(笑)

あのピカーっていう紫外線の武器と「死神族(リーパーズ)」がたむろす地下下水道の辺りも、「ヘルボーイ」っぽくて「おぉ!」と思ってしまったんですが、私の最大の問題はウェズリー・スナイプスに全然燃えないないっちゅーことでして、殺人精鋭集団“ブラッド・パック”(かっー!ドニー・イェン萌えだわーっ!「セブンソード」も期待大!)が、やられちゃって、ブレイドがニッサに自分の血を与えるシーンにも、なんだかなー。いまいちノレなくて、いささかガッカリ…。普通こういうシーンは、ぞわ~~っとするもんなのに「あ。そうですか」くらいにしか見えないのが残念だったかなあ。
まあ、それを言うと、ラストのニッサを抱くブレイドもねー。
へルボーイとリズとダブるんですよね。彼女が消えていくところも、リズの炎のシーンを思い出しちゃうんですけど、やっぱ、ウェズリー・スナイプスが全然イケてないのよー。(泣)
いや、まあ、これは好みの問題だから仕方ないっていうのはわかってるんですけどねー。
そんなこんなで、デルトロ好きとしては「燃えた」が、ウェズリー・スナイプスで減点で、まあまあだったと言う感じでしょうか。

で、ネットでいろいろ見てみたら、ヴァンパイア族の大君主ダマスキノスを演じていたトーマス・クレッチュマンって「U-571」に大佐役で出ていたのね。見ていなけど「戦場のピアニスト」で主人公を見逃すナチス将校役をやっていた人だったんだー。
って、更によく見てみたら、先月見た「ヒトラー~最後の12日間~」でヘルマン・フェーゲライン(エヴァ・ブラウンの妹の旦那)役で出てた人!今年の暮れには、あのピーター・ジャクソン監督の「キング・コング」に、船長さんの役で出るみたいなので、ちょっと楽しみではあります。

<参考サイト>
ヘラルド・オンライン「ブレイド2」オフィシャルサイト
はてなダイアリー・ブレイド 2 ― コレクターズ・エディション紹介ページ
allcinema.online「ブレイド2」キャスト&スタッフ一覧
「マイ・ファーザー」トーマス・クレッチュマン・プロフィール
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-09-22 15:25 | スタッフ | Comments(2)
b0053010_13561674.jpgラスプーチンの墓で離ればなれになったヘルボーイとリズが位置発信器の応答として「マルコ」「ポーロ」という合い言葉を使っていたのですが、ずっと「なぜにマルコ・ポーロ?」と疑問に思っていたのでした。まもなく公開から1年が経とうとしている今、よーやく、謎が解明致しましたので、ご報告をばっ!

この疑問を解明してくれたのは、うちの旦那のマクタロウ。
うろ覚えながら、ネットで検索していくうちに「マルコ・ポーロ」が鬼ごっこの合い言葉だという記述があるサイトに辿り着いたんだとか。


「ネイティブ力をつくる本」ケリー伊藤 著/研究社 P36より引用


マルコポーロ:アメリカの子どもは、Marco Polo といったら、偉大なイタリアの旅行家より、プールの中での鬼ごっこを思い浮かべる。鬼はプールの端で目をつむって10数えたあと"Marco"と叫ぶ。そうすると残りの子どもたちは"Polo"と叫び返しながら水の中で鬼ごっこをする。この間、もし追われるほうの子どもの中に"Polo"と返事を返さない子がいれば、鬼はその子の名前を言う。そうすると鬼につかまらなくても、名前を言われた子は鬼になってしまう。ただし、水のなかにもぐっていれば"Polo"と叫ばなくてもよい。

…というわけで、アメリカではポピュラーな子供の遊び言葉だったわけですねー。
「もういいかい?」「まあだだよー。」みたいな…。

知っていればリズが「マルコ」と言った時点でヘルボーイが「ポーロ」と答えるだろうというのが先読み出来て、ふたりの絶妙なコンビネーションがより深く楽しめたんだろうと思うと、ちょっと残念だったりして…。
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-09-21 14:30 | 劇中ワード | Comments(6)
注文してあった「コミコン限定! ULTIMATE HELLBOY 」が無事到着しました!
いや~こうして見るとやっぱり注文して正解でしたーっ!
似ているし、いろいろ遊べて楽しい!!
で、遊びついでに、マクタロウ(旦那)に頼んで写真を撮って貰いました。

b0053010_2248527.jpg

予約ページの画像を見た時に、勝手に前のフィギュアとヘッドは同じ…と思っていたのですが、
比べてみたら、口の開き方が違っていました。
まずは最初に箱から出したバージョンで1枚。
角は従来のフィギュアと同じ「グラインダーで削った通常の角」が装着。
敗れコートは、黒でちゃんと汚しが入っていてsideshowのこだわりを感じます。

b0053010_22474751.jpg

お次は角を差し替えて「アヌン・ウン・ラーマ」バージョンに挑戦。
角は差し込み式になっておりました。
こうやって角を差し替えるだけでも、かなり印象が変わって良い感じ♪

b0053010_22472340.jpg

お次は角折りバージョンに角を差し替えて、「アヌン・ウン・ラーマ」バージョンの
角を持たせて撮ってみました。
差し込みの突起部分が写っちゃってるけど、笑って許してやって下さいませ。(^_^:)

b0053010_22465923.jpg

さて4枚目はフル装備で撮影。
肩に「爆弾」手に「剣」を持たせて撮ってます。

b0053010_22482089.jpg

最後はおまけ!
手を見たら、ちゃんと十字架の焼き印も入ってました!
いい仕事してますねー。sideshowさんっ!!!
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-09-03 23:27 | フィギュア | Comments(2)
6月に「豆魚雷」さんに予約した「HELLBOY/ ULTIMATE HELLBOY with HORNS - COMICON EXCLUSIVE」が9月2日に入荷というメールが昨日届きました。
さっそく正式注文する為に豆魚雷さんのページにアクセス。ちゃんと送信したつもりですが、大丈夫かな~。ちと心配です。

しかし、長かったですねー。
8月中に入荷するとばかり思っていたら、8/21に入荷延期が発表されて、がっかりしてたんですが、うまく行けば来週には、ヘル坊の顔が拝めるかな~♪
このところ、これと言ったニュースもなくなかなかこのブログも更新出来なくて、気になっていたのですが、これで更新が出来ますね~。良かった~。
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-09-01 10:48 | フィギュア | Comments(0)
b0053010_9114218.jpg昨日の夜、マクタロウからeiga.comの「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」のページにロン・パールマンが出るって書いてあるよ…と言われ見てみたのですが、たしかに…

サンディエゴのコミック・コンには、WETAのリチャード・テイラーやKNBイフェクツの特殊メイク・スーパーバイザー、ハワード・バーガーらの主要スタッフが参加し、監督も衛星中継で出席。「ヘルボーイ」の怪優ロン・パールマンが特殊メイクで演じる一つ目の巨人、ミノタウロスなどの画像が公開された。

…って書いてありますね。
いや~リーアム・ニーソン・ファンの私は、このサーガの善の象徴となるナルニアの王、ライオンのアスランの声を担当するってだけでもウハウハしていたのに、ロン・パールマンまで出るとなれば、何があっても見に行かなきゃなりませんねえ!

しかも魔女役をあの「コンスタンティン」でガブリエルを演じたティルダ・スウィントン(身長180センチ!)がやっているのも楽しみ~。
まあ、ロンの旦那は相変わらず、素顔の出演ではないのですが、ここまで来ちゃうと誰がやっても同じか、もしくは声の出演だけでもいいんじゃないか~?と思っちゃったりもするんですけどね~。

<参考サイト>
エイガ・ドット・コム・話題作超先取り「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-08-04 09:12 | キャスト | Comments(0)
b0053010_14402759.gif先月末にロン・パールマンのインタビューで「ヘルボーイ2は来年の1月か2月に撮影に入り、公開は2007年の1月かな。」なんていうのを読んでから、ずいぶん待たせるな~とちょっぴりがっかりしていたんですが、まあ、良いモノを作って貰えれば、いいかなあ~とで自分を納得させたりしています。

で、その間は、その他関係者の方達の作品で盛り上がろうじゃないかーってなことで、まずは以前書いたセルマ・ブレアの新作「ザ・フォッグ」の予告編を見て憂さ晴らし(笑)。
予告としては、結構雰囲気出ています。セルマ・ブレアも今度は水攻め~?ってな感じで頑張っています。公式サイトでは、いきなり彼女の声が聴けますので、ファンの方は即チェックですね!ミニョーラさんのイラストも見ることが出来ます。(^_^)v

それからロン・パールマンの新作として映画サイト「FLix」に「ダンジョン・シージ」のニュースが載りましたので、ちょっとググってみました。
「ダンジョン・シージ」は、中世ヨーロッパをモチーフにした舞台で繰り広げられるロール・プレイング・ゲームの映画化で、映画版もゲームと同じ設定なるそうです。農民として生活していた主人公が道中巡り合う仲間たちと共に王国の平和を取り戻すために戦いを繰り広げるストーリー。

『コラテラル』のジェイソン・ステイサムが主人公に扮し、リリー・ソビエスキーとバート・レイノルズ、『ターミネーター3』のクリスタナ・ローケン、『ロード・オブ・ザ・リング』のジョン・リス・デイヴィス、『ヘルボーイ』のロン・パールマン、『スクービー・ドゥー』のマシュー・リラードも共演。監督は『ハウス・オブ・ザ・デッド』のウーヴェ・ボルがあたり、作品は3時間にもおよぶファンタジー超大作に仕上がる予定だそうです。

ちなみに我らがロン・パールマンの旦那が演じるのは、ノーリックっていう役なんですが、ゲームのサイトのキャラクター紹介には「エッブ王国の高地にすむ老齢の農夫の中で、ノーリックは非常に尊敬されている存在です。暖炉の前で語る彼の冒険物語は、彼が第 10 部隊に所属していたころの昔話です。それは、彼の田舎の家の周りにある畑を耕す貧しい小作農達にとっての娯楽であり、勇気の源でもあります。」と書いてあるのですが、なんだか彼のキャラとだいぶイメージが違う感じ。
ゲームでは爺さんとして登場するけれど、映画では第10部隊に所属していた頃のキャラとして登場するんでしょうかねえ?

<参考サイト>
「The Fog」予告トレーラー
「The Fog」公式サイト(米)
「FLix・ダンジョン・シージ」のニュース
「ダンジョン・シージ」キャラクター紹介
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-07-26 15:32 | キャスト | Comments(2)

クロノカス

b0053010_1747437.gif今日デル・トロ監督の公式ファンサイトでデル・トロ監督の新しい仕事として「クロニカス」という映画の紹介がされているのを見ました。
ジョン・レグイザモ主演の「クロニカス」は2004年エクアドル=メキシコの作品で、サンダンス・NHK国際映像作家賞を受賞し、日本でも一部の映画館での公開が予定されているようなのですが、今のところ公開は未定となっています。

デル・トロ監督はこの作品を「天国の口、終りの楽園。」のアルフォンソ・キュアロン監督や制作のホルヘ・ベルガラと共に3人でプロデュースしており、監督に俊英セバスチャン・コルデロを抜擢。報道現場を舞台にしたサスペンス・ドラマとして高い評価を受けたそうです。

物語は…
子供ばかりを狙った連続殺人事件の犯人の取材でエクアドルにやってきたテレビリポーター(レグイザモ)が、別件で逮捕された男から犯人の情報を引き出すために取材を続けるうちに次第に、実は彼が犯人ではないかと確信を抱きつつも、自分の利益の為に目をつぶってしまい…その結果…。

というような…欲望に溺れていく人々に焦点を当てた内容になっており、デル・トロ監督の「デビルズ・バック・ボーン」のような秀作に仕上がっているのではないかと興味をそそられます。

<参考サイト>
Yahoo! Movies「Cronicas Movie Info」
こちらで予告を見ることが出来ます。
AFF SUNDANCE/NHK AWARD
映画の詳しい解説とストーリーが書かれていますが、ストーリーが映画のラストまで書かれていると思われますので注意して下さい。
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-07-05 17:51 | スタッフ | Comments(0)

HELLBOY/ 8inch SERIES 1

オークションでメズコの「HELLBOY/ 8inch SERIES 1」の「Hellboy・w/Corpse」 「Abe Sapien」「Kroenen」「Sammael」「 Rasputin (with Hellbaby)」の5体セットを落札。

シリーズ1はとっくに売り切れて諦めていたんですが、どうしてもサミーが欲しくて、ついラスプーチンがダブルのを覚悟で落札してしまいました。
届くのが今から楽しみです!!(「クローン大戦」のオビ、ヨーダ、アナキンのアクションフィギュアをどこか別の場所へ移して場所を確保することにしました!ごめんね~。ジェダイ3人組!)
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-07-05 10:06 | フィギュア | Comments(0)
前からデルトロ監督のサイトには画像が出ていたんですが、こちらの方が鮮明なので、リンクを貼ってみました。いい雰囲気で仕上がっています!

「Pan’s Labyrinth」のポスター の画像
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-06-23 12:14 | スタッフ | Comments(0)
このところ、私が「ヘルボーイ」以前からハマっている「スター・ウォーズ」の公開が近づいて来たこともあり、特に週末は、今頃「シスの復讐」のジャパン・プレミアが行われているんだな~と(…って、行った訳じゃないですが…)気もそぞろだったりしていたわけですが…

そんな事に気を取られている最中に、すでに予約が始まってたんですね~。
「HELLBOY/ ULTIMATE HELLBOY with HORNS - COMICON EXCLUSIVE」!!
昨晩、なにげに「SideShow」を見に行ったらトップにお知らせが出ているじゃありませんか!
あぁ、不覚だったぁ~~~~~~っ!

実はこの「ULTIMATE HELLBOY 」、入院中にマクタロウ(旦那)が「今度こんなのが出るみたいだよ」と教えてくれたんですが、コミコン限定だし、きっと値段もバカ高いんじゃないかな~とか、日本じゃオークションで高値で取引ってことになるのかな~と思っていたんです。

で、慌てて「豆魚雷」さんを見たら、限定2000体のうち1000体はアメリカのコミコンで限定販売され、残りの1000体のうちの500体は、シリアルナンバー付きで日本で限定発売!
値段は¥7600と出ているじゃありませんか!

こりゃあ~予約するしかないかなあ…。
でもなあ~。お金ないし~とか迷ったりしたんですが…、
そんなこと言って、後で後悔するなら借金してでも買え~ってな感じで、予約しちゃいました!

「SideShow」にいくつか画像がアップされているんですけど、これがまた、いいんですよ!
特に付属品がたまりませんねえ~。あと敗れコートですか。
ヘル坊の角もなんかいいですよね~。折れた角バージョンの顔を付けて、角持たせちゃったり、楽しみ方自由自在って感じですね~!!
発売は8月だそうで、ちゃんと買えることを祈っているんですが、だいじょうぶかな?

<参考サイト>
「SideShow」Ultimate Hellboy Hellboy 12 inch Figures
「豆魚雷」HELLBOY/ ULTIMATE HELLBOY with HORNS - COMICON EXCLUSIVE
[PR]
# by maku-no-suke | 2005-06-22 15:59 | フィギュア | Comments(0)