ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:映画 ( 176 ) タグの人気記事


ギレルモ・デル・トロ来日決定!『シェイプ・オブ・ウォーター』引っ提げ
特撮やアニメなど大の日本好きで知られるギレルモ・デル・トロ監督(『パシフィック・リム』)が、新作『シェイプ・オブ・ウォーター』を引っ提げ1月末に来日することが決まった。来日中はイベントの実施も予定している。

 『シェイプ・オブ・ウォーター』は、冷戦時代のアメリカを舞台に、政府の極秘研究機関で清掃員として働く口がきけない女性イライザ(サリー・ホーキンス)と、そこに運び込まれて残酷な仕打ちを受ける魚人のようなクリーチャーの交流を描くダークなファンタジーロマンス。第74回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞に輝いたほか、先日発表された第75回ゴールデン・グローブ賞でも監督賞と音楽賞を受賞し、賞レースを席巻している話題作だ。

 ゴールデン・グローブ賞授賞式で監督賞を初受賞した際には、子供の頃から変わらぬモンスターへの忠誠心を語り、『デビルズ・バックボーン』『パンズ・ラビリンス』に連なる作品として『シェイプ・オブ・ウォーター』を紹介したデル・トロ監督。そんなクリーチャーへの愛が詰まった本作について、日本で何を語るのか、注目だ。(編集部・市川遥)

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』は3月1日より全国公開

おぉぉぉーー!来日決定ーー!!
テレビとかでまたおたく愛発揮するところをみせてくれるんでしょうか?
これは各局のワイドショーチェックせねば!!

[PR]
by maku-no-suke | 2018-01-18 11:20 | 映画 | Comments(0)


ギレルモ・デル・トロ「シェイプ・オブ・ウォーター」が放送映画批評家協会賞で4冠
2018年1月12日 13:22
ギレルモ・デル・トロ監督作「シェイプ・オブ・ウォーター」が、第23回放送映画批評家協会賞にて作品賞を含む4部門で受賞を果たした。

「シェイプ・オブ・ウォーター」は、サリー・ホーキンス演じる孤独な女性とダグ・ジョーンズ扮する不思議な水中生物の愛を描くファンタジーロマンス。作品賞のほか監督賞、美術賞、作曲賞に輝いた。

主演男優賞を受賞したのは「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のゲイリー・オールドマン。主演女優賞は「スリー・ビルボード」のフランシス・マクドーマンドが獲得した。なお5人の女性からセクハラで訴えられているジェームズ・フランコは自身の監督・主演作「The Disaster Artist(原題)」でコメディ男優賞を受賞したが、授賞式を欠席した。

作品賞のほか監督賞、美術賞、作曲賞とはすごい!
やりましたねー!デル・トロ監督おめでとうございます!!


[PR]
by maku-no-suke | 2018-01-12 13:22 | 映画 | Comments(0)


デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』最多!英アカデミー賞ノミネーション

2018年1月10日 22時52分

 2018年英国アカデミー賞(BAFTA)のノミネーションが現地時間9日に発表され、米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせる異種間の愛を描いたギレルモ・デル・トロ監督の映画『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多となる12部門でノミネートされた。

 先日の第75回ゴールデン・グローブ賞で作品賞を受賞した『スリー・ビルボード』は、監督賞、作品賞、脚本賞を含む9ノミネート。『ダンケルク』も同じく9ノミネートを獲得している。
[PR]

 授賞式は2月18日(現地時間)にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催される。主なノミネーションは以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞
『君の名前で僕を呼んで』
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
『ダンケルク』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スリー・ビルボード』

■監督賞
ルカ・グァダニーノ 『君の名前で僕を呼んで』
ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『ブレードランナー 2049』
クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』
ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』
マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』

■主演男優賞
ダニエル・デイ=ルイス 『ファントム・スレッド』
ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
ジェイミー・ベル 『フィルム・スターズ・ドント・ダイ・イン・リバプール(原題) / Film Stars Don’t Die in Liverpool』
ティモテ・シャラメ 『君の名前で僕を呼んで』

■主演女優賞
アネット・ベニング 『フィルム・スターズ・ドント・ダイ・イン・リバプール(原題)』
フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』
マーゴット・ロビー 『アイ、トーニャ(原題)』
サリー・ホーキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
シアーシャ・ローナン 『レディ・バード』

■助演男優賞
クリストファー・プラマー 『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』
ヒュー・グラント 『パディントン2』
サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』
ウィレム・デフォー 『ザ・フロリダ・プロジェクト(原題) / The Florida Project』
ウディ・ハレルソン 『スリー・ビルボード』

■助演女優賞
アリソン・ジャネイ 『アイ、トーニャ(原題)』
ローリー・メトカーフ 『レディ・バード』
レスリー・マンヴィル 『ファントム・スレッド』
クリスティン・スコット・トーマス 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
オクタヴィア・スペンサー 『シェイプ・オブ・ウォーター』

■アニメ映画賞
『リメンバー・ミー』
『ゴッホ 最期の手紙』
『ぼくの名前はズッキーニ』

2/18 が楽しみですね!監督賞受賞出来ますように!!


[PR]
by maku-no-suke | 2018-01-10 22:52 | 映画 | Comments(0)

#ゴールデングローブ賞 監督賞はギレルモ・デル・トロ!初受賞スピーチ 「子供の頃からモンスターに救われてきました。25年間、感情、色、光と影で奇妙な物語を作り続けてきました。(終了を促す音楽が鳴る)あと1分いいじゃないですか!ここに来るまで25年かかったんです!」https://www.cinematoday.jp/news/N0097423


デル・トロ監督本当におめでとうございます!!
念願叶いましたねーー!
ファンとして嬉しいのひと言です。

[PR]
by maku-no-suke | 2018-01-08 21:17 | Comments(0)
b0053010_12005045.jpg

個別に見たい方はこちら
http://www.impawards.com/2018/pacific_rim_uprising_ver6.html


[PR]
by maku-no-suke | 2017-12-26 12:05 | 映画 | Comments(0)


ゴールデングローブ賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多7部門にノミネート
2017年12月12日 12:00
[映画.com ニュース] ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員投票によって選出される、第75回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月11日(現地時間)に発表された。

最多7部門にノミネートされたのは、ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジーロマンス「シェイプ・オブ・ウォーター」。同作は、米ソ冷戦時代のアメリカを舞台に、政府の極秘研究所で清掃員として働く女性(サリー・ホーキンス)が、実験対象であるモンスターと恋に落ちる物語。ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞しており、先ごろ発表された放送映画協会賞でも最多14ノミネートを獲得している。

続く6部門には、スティーブン・スピルバーグ監督「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」、マーティン・マクドナー監督「スリー・ビルボード」がノミネートされた。

また、公開直前にケビン・スペイシーのセクハラ疑惑が発覚した「All the Money in the World」で、急遽スペイシーの代役を務めたクリストファー・プラマーが助演男優賞にノミネート。ジョン・ポール・ゲティ3世誘拐事件を題材にした同作は、12月22日の全米公開予定日までわずか1カ月半という土壇場でスペイシーが降板し、代わりにプラマーが富豪一族の長ジョン・ポール・ゲティ・シニア役を演じた。前代未聞の騒動に見舞われたリドリー・スコット監督、主演のミシェル・ウィリアムズもノミネートされている。

授賞式は2017年1月7日(現地時間)に開催され、コメディアンのセス・マイヤーズが司会を務める。第75回ゴールデングローブ賞(映画部門)ノミネートは以下の通り。

▽作品賞(ドラマ)
「スリー・ビルボード」
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「ダンケルク」
「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」

▽作品賞(コメディ/ミュージカル)
「レディ・バード(原題)」
「ゲット・アウト」
「The Disaster Artist」
「グレイテスト・ショーマン」
「アイ、トーニャ(原題)」

▽監督賞
ギレルモ・デル・トロ「シェイプ・オブ・ウォーター」
マーティン・マクドナー「スリー・ビルボード」
クリストファー・ノーラン「ダンケルク」
リドリー・スコット「All the Money in the World」
スティーブン・スピルバーグ「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

▽主演男優賞(ドラマ)
ゲイリー・オールドマン「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
ダニエル・デイ=ルイス「ファントム・スレッド(原題)」
ティモシー・シャラメット「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」
トム・ハンクス「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
デンゼル・ワシントン「Roman J. Israel, Esq.」

▽主演女優賞(ドラマ)
フランシス・マクドーマンド「スリー・ビルボード」
メリル・ストリープ「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
サリー・ホーキンス「シェイプ・オブ・ウォーター」
ジェシカ・チャステイン「モリーズ・ゲーム(原題)」
ミシェル・ウィリアムズ「All the Money in the World」

▽主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
スティーブ・カレル「Battle of the Sexes」
アンセル・エルゴート「ベイビー・ドライバー」
ジェームズ・フランコ「The Disaster Artist」
ヒュー・ジャックマン「グレイテスト・ショーマン」
ダニエル・カルーヤ「ゲット・アウト」

▽主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
シアーシャ・ローナン「レディ・バード(原題)」
マーゴット・ロビー「アイ、トーニャ(原題)」
エマ・ストーン「Battle of the Sexes」
ジュディ・デンチ「Victoria and Abdul」
ヘレン・ミレン「ロング,ロングバケーション」

▽助演男優賞
ウィレム・デフォー「ザ・フロリダ・プロジェクト(原題)」
アーミー・ハマー「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」
リチャード・ジェンキンス「シェイプ・オブ・ウォーター」
クリストファー・プラマー「All the Money in the World」
サム・ロックウェル「スリー・ビルボード」

▽助演女優賞
ローリー・メトカーフ「レディ・バード(原題)」
アリソン・ジャネイ「アイ、トーニャ(原題)」
メアリー・J・ブライジ「マッドバウンド 哀しき友情」
ホン・チャウ「ダウンサイズ」
オクタビア・スペンサー「シェイプ・オブ・ウォーター」

▽脚本賞
ギレルモ・デル・トロ&バネッサ・テイラー「シェイプ・オブ・ウォーター」
グレタ・ガーウィグ「レディ・バード(原題)」
リズ・ハンナ&ジョシュ・シンガー「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
マーティン・マクドナー「スリー・ビルボード」
アーロン・ソーキン「モリーズ・ゲーム(原題)」

▽アニメーション映画賞
「リメンバー・ミー」
「The Breadwinner」
「ゴッホ 最期の手紙」
「Ferdinand」
「ボス・ベイビー」

▽外国語映画賞
「最初に父が殺された」(カンボジア)
「ナチュラルウーマン」(チリ)
「女は二度決断する」(ドイツ)
「The Square」(スウェーデン)
「Loveless」(ロシア)

▽作曲賞
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「スリー・ビルボード」
「ダンケルク」
「ファントム・スレッド(原題)」
「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

▽主題歌賞
“Home” 「Ferdinand」
“Mighty River” 「マッドバウンド 哀しき友情」
“Remember Me” 「リメンバー・ミー」
“The Star” 「The Star」
“This Is Me” 「グレイテスト・ショーマン」
(映画.com速報)

こちらも7部門にノミネートされましたー!
デル・トロ監督すごいですね~!
出来れば、ゴールデングローブ賞も作品、監督賞、両方獲って欲しいですね。

[PR]
by maku-no-suke | 2017-12-12 16:07 | 映画 | Comments(0)

放送映画協会賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多14ノミネート

2017年12月8日 15:00
[映画.com ニュース] 第23回クリティック・チョイス・アワードのノミネートが発表され、ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジーロマンス「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞を含む最多14ノミネートを獲得した。

同作は、米ソ冷戦時代のアメリカを舞台に、政府の極秘研究所の清掃員で働く孤独な女性(サリー・ホーキンス)が、実験対象であるモンスターと恋に落ちる物語。第74回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞した。

8ノミネートで続いたのは、「ダンケルク」「レディ・バード(原題)」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」の4作品。さらに、「ブレードランナー 2049」が7ノミネート、「ビッグ・シック」「スリー・ビルボード」が6ノミネートで追う展開。今年の賞レースは混戦となりそうだ。

同賞は、放送映画批評家協会(BFCA)と放送テレビ批評家協会(BTJA)が主催する賞。テレビ番組のノミネーション発表も同時に行われ、作品としてはFXネットワーク「フュード 確執 ベティ vs ジョーン」が最多6ノミネート、放送局・配信サービスとしてはNetflixが最多20ノミネートを獲得した。両賞の授賞式は、2018年1月11日(現地時間)に米サンタモニカで行われる。

23回クリティック・チョイス・アワードの主なノミネート映画は以下の通り。

▽作品賞
「ビッグ・シック」
「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」
「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
「ダンケルク」
「ザ・フロリダ・プロジェクト(原題)」
「ゲット・アウト」
「レディ・バード(原題)」
「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「スリー・ビルボード」

▽主演男優賞
ティモシー・シャラメット「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」
ジェームズ・フランコ「ザ・ディザスター・アーティスト(原題)」
ジェイク・ギレンホール「ストロンガー(原題)」
トム・ハンクス「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
ダニエル・カルーヤ「ゲット・アウト」
ダニエル・デイ=ルイス「ファントム・スレッド(原題)」
ゲイリー・オールドマン「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」

▽主演女優賞
ジェシカ・チャステイン「モリーズ・ゲーム(原題)」
サリー・ホーキンス「シェイプ・オブ・ウォーター」
フランシス・マクドーマンド「スリー・ビルボード」
マーゴット・ロビー「アイ、トーニャ(原題)」
シアーシャ・ローナン「レディ・バード(原題)」
メリル・ストリープ「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

▽助演男優賞
ウィレム・デフォー「ザ・フロリダ・プロジェクト(原題)」
アーミー・ハマー「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」
リチャード・ジェンキンス「シェイプ・オブ・ウォーター」
サム・ロックウェル「スリー・ビルボード」
パトリック・スチュワート「LOGAN ローガン」
マイケル・スタールバーグ「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」

▽助演女優賞
メアリー・J・ブライジ「マッドバウンド 哀しき友情」
ホン・チャウ「ダウンサイズ」
ティファニー・ハディッシュ「Girls Trip」
ホリー・ハンター「ビッグ・シック」
アリソン・ジャネイ「アイ、トーニャ(原題)」
ローリー・メトカーフ「レディ・バード(原題)」
オクタビア・スペンサー「シェイプ・オブ・ウォーター」

▽監督賞
ギレルモ・デル・トロ「シェイプ・オブ・ウォーター」
グレタ・ガーウィグ「レディ・バード(原題)」
マーティン・マクドナー「スリー・ビルボード」
クリストファー・ノーラン「ダンケルク」
ルカ・グァダニーノ「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」
ジョーダン・ピール「ゲット・アウト」
スティーブン・スピルバーグ「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
(映画.com速報)

出来れば、作品、監督両方で賞を獲って欲しいですね。

[PR]
by maku-no-suke | 2017-12-07 15:00 | 映画 | Comments(0)


種族を超えた愛…デル・トロ監督「シェイプ・オブ・ウォーター」ポスター公開

2017年11月8日 17:00

[映画.com ニュース] 第74回ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞に輝いたギレルモ・デル・トロ監督作「シェイプ・オブ・ウォーター」のポスター画像が公開された。世界が注目する気鋭のアーティスト、ジェームス・ジーンが手がけている。

映画は、デル・トロ監督が製作・脚本を兼ねたファンタジーロマンス。1962年、米ソ冷戦時代のアメリカ。政府の極秘研究所に清掃員として働く、孤独な女性イライザ(サリー・ホーキンス)の生活は、極秘の実験を見てしまったことで一変する。人間ではない“彼”の魅惑的な姿に心を奪われ、周囲の目を盗んで会いに行くようになるが、ふたりの心が通い始めた頃、イライザは“彼”が間もなく実験の犠牲になることを知る。

ジーンは、1978年台湾に生まれ、米ニューヨークの美術学校でアートを学んだロサンゼルス在住のイラストレーター。在学中に、日本の伝統的な木版画や葛飾北斎、月岡芳年ら浮世絵師から影響を受けて作風を確立した。プラダなどのハイファッションブランドとコラボレーションしたり、米人気ハードロックバンド「リンキン・パーク」のアートワークを手がけたりと、活動の幅は多岐にわたる。2015年に発表したオリジナル画集には、デル・トロ監督が村上隆氏とともに序文を寄稿している。

このほど公開されたポスター画像は、イライザと不思議な生物が、深い海を彷彿させる水のなかで抱き合う様子が描かれている。劇中で繰り広げられる、切なくも官能的な種族を超えた愛の物語の行く末に、期待が高まる仕上がりとなっている。

「シェイプ・オブ・ウォーター」は、18年3月1日から全国で公開。

b0053010_18350861.jpg

3月1日公開が決まりましたネー!!
どうか近所でやってくれますように。
もしやらなくても「クリムゾン・ピーク」の時のように横浜まで遠征しちゃおうかな。


[PR]
by maku-no-suke | 2017-11-09 18:40 | 映画 | Comments(0)

ギレルモ・デル・トロ、監督を1年休業

2017年10月30日 15時38分
 映画『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』などのギレルモ・デル・トロ監督が、監督業を1年休むと地元メキシコで記者たちに語った。

 デル・トロ監督は「監督として、1年間の休暇を取るよ。『ミクロの決死圏』のリメイク版を進める予定だったけど、『シェイプ・オブ・ウォーター』をやって休みが必要になったんだ」とコメント。Twitterでも「次の秋には戻るよ」と今回の休業はあくまで期限付きのものだとつづっている。

これまでも毎年のように映画が公開されていたわけでもないので、
1年休んで、またイイ作品作って貰えればイイかなーと思っています。
ゆっくり休んで下さいね~!



[PR]
by maku-no-suke | 2017-11-01 17:24 | スタッフ | Comments(0)
b0053010_14391076.jpg

1枚目、2枚目にないカラフルなデル・トロらしい色調に胸躍りました!


[PR]
by maku-no-suke | 2017-10-23 14:42 | 映画 | Comments(0)