ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:映画 ( 146 ) タグの人気記事

b0053010_10112641.jpg



巨大ロボってこんなに大きいのね!!
[PR]
by maku-no-suke | 2012-07-17 10:12 | スタッフ

ミミック [Blu-ray]

ミミック [Blu-ray]ミミック [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-02-08
売り上げランキング : 760

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映像★★★★☆ 音響★★★★☆ 
黒がくっきりとしていて暗いシーンにもメリハリがあり見やすい。

夕飯の後購入した「ミミック」を鑑賞。
映像が大好きなギレルモ・デル・トロ監督のハリウッドデビュー作!
映画館、DVDと今回3回目の鑑賞ですが、音楽もマルコ・ベルトラミで
このあとデル・トロ監督が撮った「ヘルボーイ」を思わせる箇所多々。
「デビルズ・バック・ボーン」や「パンズ・ラビリンス」など・・・
監督の他の作品に共通する地下へのこだわりを今回、再確認。
ミミックとは擬態の意味ですが、タイトルの生かし方も上手い!
主演のミラ・ソルビーノも顔真っ黒にして頑張ってくれました。
で、人の顔のように見えるゴキちゃんの部分って
ゲイツ博士を演じているF・マーレイ・エイブラハムがモデルじゃあ?
な~んか似ているような気がするんですけどねえ。(思い込みかな?)
年を重ねてどんどん虫嫌いに拍車を掛けている私。
ゴキブリ、ウジャウジャのシーンは背中が痒くなって困りました。(笑)
[PR]
by maku-no-suke | 2012-02-14 23:00 | DVD
b0053010_15142374.jpg


ロン・パールマンとジェフリー・タンバーさんが
「搭の上のラプンツェル」で声の出演をしているの事に今更気が付きました!!!

ジェフリー・タンバーはビッグノーズという役
ロン・パールマンはスタビントン兄弟で二役やってるみたいです。
こちらにタンバーさんのインタビューあります。
http://www.imdb.com/video/screenplay/vi3511785753/

でもねえ。私の場合、地元では日本語吹き替え版しかやらないので
声を聴くことが出来ないっていうのが残念なんですけどねえ。
[PR]
by maku-no-suke | 2011-03-01 15:16 | キャスト
Pinocchio


[映画.com ニュース]  2月20日(日)10時0分配信
鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が、ストップモーションアニメ版「ピノキオ」に着手することが明らかになった。米Deadlineの独占取材で明らかになったもので、ジム・ヘンソン・カンパニー、フランスの映画会社パテと共同で、3D映画として製作するという。

ピノキオは、イタリアの作家カルロ・コッローディの児童文学作品で、ディズニー・アニメ版が有名だ。新たに「ピノキオ」を映画化する意図について、デル・トロは「どんなおとぎ話にも子ども向けの物語にもダークな要素が必要であり、それこそ、グリム兄弟やアンデルセン、ウォルト・ディズニーが理解していたことだ。いまどき『ディズニー的にする』という表現は別の意味を持ってしまっているが、たとえば『ピノキオ』において子どもたちがロバに変身させられる場面のように、最良のディズニーアニメは観客の不安を大いに煽るものだった。われわれが目指すのは、カルロ・コッローディの原作により忠実なバージョンだ。これまでのバージョンよりももっとシュールでもうすこしダークなものになるだろう」

ダークな作風で知られるイラストレーター、グリス・グライムリーが2002年に発表した絵本「ピノキオ」の世界観を下敷きに、グライムリー自身がマーク・グスタフソンと共同で監督を務めることになる。グスタフソンは、ウェス・アンダーソン監督のストップモーション・アニメ「ファンタスティックMr.FOX」でアニメーション監督を手がけている。

[PR]
by maku-no-suke | 2011-02-21 10:56 | スタッフ
ご無沙汰してました。
ちょっと病に倒れまして死の淵を彷徨ってましたがなんとか生還致しました。
またまったりやって行きますので宜しくお願いします。
で、今更ですが昨年12月のニュースを備忘録としてあげておきます。

ギレルモ・デル・トロ、新スタジオを発足
2010年12月10日 16:40

[映画.com ニュース] 「ヘルボーイ」シリーズや「パンズ・ラビリンス」などで知られるギレルモ・デル・トロ監督が、撮影からポストプロダクションまでを一括でこなすことができる総合スタジオ「ミラダ・スタジオ」を発足させた。

場所はロサンゼルスの海辺にあるマリナ・デル・レイで、「未知との遭遇」や「ブレードランナー」の撮影に使われたことでも知られる瓶詰め工場を改修。2万5000平方フィート(約2300平方メートル)の施設内では、プレビズからポストプロダクション作業まで映画製作のすべての過程をこなすことができるという。

共同設立者には、「ヘルボーイ」シリーズで撮影監督を手がけたギレルモ・ナバロや、制作会社Motion Theoryの共同経営者マシュー・カレンとハビエル・ヒメネスが名を連ねる。製作施設を所有する映画監督といえば、ニュージーランドのウェリントンを拠点にするピーター・ジャクソンが有名だが、デル・トロ監督は製作遅延を理由に「ホビットの冒険」を降板するまでは、ジャクソン監督が所有するWETAで同作のプリプロダクション作業をしていた経緯がある。

デル・トロ監督は米Deadlineの取材に対し、同スタジオ創設の意図をこう説明している。「ウェリントンのやりかたをマネようとしたわけではないけれど、それぞれの施設が近くにあることが素晴らしいと思ったことは事実だ。僕らが目指すのは、伝統的なストーリーテリング手法に基づいた機敏で強固なスタジオだ。ひとつ屋根の下にすべての機能を備えた、未来のストーリーテラーを育成するための強固なクリエイティブコミュニティをつくりたい」

今後、自らの監督作をはじめ、プロデュース作をこのスタジオで製作していくことになる。デル・トロ監督の次作はH・P・ラブクラフトの名作「狂気の山脈にて(At the Mountains of Madness)」の3D映画化で、同作はジェームズ・キャメロンがプロデュースすることになる。

[PR]
by maku-no-suke | 2011-02-02 12:46 | スタッフ
[eiga.com 映画ニュース] 「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」で知られる“メキシコの奇才”ギレルモ・デル・トロ監督が、J・R・R・トールキン原作の「ホビットの冒険」の監督を正式にオファーされた模様だ。

ピーター・ジャクソン監督の「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の前章(プリクエル)となる「ホビットの冒険」について、ジャクソン監督は、脚本家でプロデューサーの妻フラン・ウォルシュとともに製作総指揮での参加になるため、誰がメガホンを握るのかハリウッド中の注目の的だった。そんな中、米ハリウッド・レポーター紙が、デル・トロ監督は現在、噂通り2部作となった「ホビットの冒険」の正式交渉を行っていると報道した。

デル・トロ監督は「ホビットの冒険」の映画化への意欲を表明しているため、この報道が事実だとすれば、実現は間違いないとみてよいだろう。

デル・トロ監督はシリーズ最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝」の監督を熱望していたことでも知られるが、同シリーズのプロデューサー、デビッド・ヘイマンは「多忙な監督なので現実的ではないだろう」と語っている。デル・トロ監督は現在「ヘルボーイ2」(7月11日全米公開)の仕上げを行っている。
[PR]
by maku-no-suke | 2008-01-30 15:58 | スタッフ