ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0053010_14163071.jpg
ギレルモ・デル・トロが手掛ける新ドラマのパイロット版制作が決定

クランクイン! 6月8日(水)19時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00043493-crankinn-ent

ギレルモ・デル・トロが映画『パシフィック・リム』(13)の脚本を共同執筆したトラヴィス・ビーチャムと温めてきたテレビドラマ『Carnival Row(原題)』のパイロット版が制作されることになった。Deadlineや/Filmなどの海外メディアが伝えた。

『Carnival Row(原題)』はビーチャムが11年前から企画していたもので、当初は『A Killing on Carnival Row(原題)』という題名だった。デル・トロは企画の初期から関わっており、2015年に企画を持ち込んだ米Amazonで遂にパイロット版の制作という実を結ぶ。

デル・トロ、ビーチャムと海外ドラマ『4400 未知からの生還者』のクリエイター、レネ・エシェヴァリアが共同執筆するとのことだったが、パイロット版の脚本はエシェヴァリアが1人で執筆したという。

ストーリーの舞台はバーグ(Burgue)という18世紀ロンドンを彷彿させる未来都市。人間の他、エルフやヴァンパイアなどが共存する都市の一角、妖精達が体を売るカーニバル・ロウで連続殺人事件が起き、捜査にあたった刑事が容疑者になってしまうという筋書きとのことだ。

キャストは未定。デル・トロ、ビーチャム、エシェヴァリアは、デル・トロが手掛ける海外ドラマ『ストレイン』のゲイリー・アンガーと共に製作総指揮としても名を連ねる。

---------------------------------------

デルトロが好きな世界をどういうふうに表現してくれるか楽しみです。
しかしamazonだとソフト待ちかなあ。



[PR]
by maku-no-suke | 2016-06-13 14:25 | スタッフ
b0053010_11560328.jpg
いや~昨日「パシフィックリム2」に「スター・ウォーズフォースの覚醒」のフィン役の
ジョン・ボイエガが出るって事を知りまして…
他のキャラは誰が出るのかが気になりIMDBを見てみたら…
http://www.imdb.com/title/tt2557478/?ref_=ttfc_fc_tt

チャーリー・ハナムとロン・パールマンは噂では出るらしいとのこと。
はっきり決まってるのは前述のボイエガとあとひとり…
ホークさんことマックス・マーティーニさんの名前がキャスト表にありました!
いやー出るんですね!ホークさん。
どういう設定になってるかわかりませんが、
ホークさんがたぶん組織のトップですよね!
ホークさん好きなんで…それだったら、デルトロテイストなくても
見に行こうかなあ~なんて気になってきました~。(笑)


[PR]
by maku-no-suke | 2016-06-09 12:04 | 映画
b0053010_13595726.jpg
engadget http://japanese.engadget.com/2016/06/06/2/#

BY Munenori Taniguchi 2016年06月07日 10時50分

一時は無期限延期になっていたSF映画『パシフィック・リム2』の主演俳優が、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演していたジョン・ボイエガに決定しました。
監督の座をスティーブン・S・デナイトに譲ったギレルモ・デル・トロも、
主役の決定を受けて「もうすぐ撮影開始だ!」と喜びの声をツイートしています。

昨年の無期限延期後も「企画は進行中だ」としていたギレルモ・デル・トロ監督は、
今年の2月になってTVドラマ版『デアデビル』などに関わっていた
スティーブン・S・デナイトに会い、『パシフィック・リム2』の監督を任せる決定をしたことを公表。自身もまた作品をバックアップして行くと宣言していました。

6月6日にDeadlineが報じたところによると、『パシフィック・リム2』の主演には
新たにジョン・ボイエガが決定し、前作でイドリス・エルバが扮した
スタッカー・ペントコストの息子の役を演じるとのこと。
ジョン・ボイエガおよび、スティーブン・S・デナイトは
それぞれTwitterで映画に関わっていくことについて
「とてもエキサイトだ!」と鼻息も荒くツイートしています。

紆余曲折あってファンをやきもきさせた『パシフィック・リム2』ですが、
監督および主演が決定したことで本格的に再始動することになりそうです。
撮影は今年第4四半期からの予定。配給は中国以外では
ユニバーサル・ピクチャーズとのこと。
なお、気になるのは前作の主要キャスト陣が再び顔を揃えるのかというところ。
ギレルモ・デル・トロは1月に「前作では配役の半分を殺してしまったけど、
残っているキャストは皆、再び出演すると思う」と発言しています。

また、主演が決定したジョン・ボイエガに関しては、
『スター・ウォーズ』のエピソードVIIIに引き続き関わっているほか、
トム・ハンクス、エマ・ワトソンらと共演する『The Circle』など、
出演作が目白押しとなっています。


い、いつの間に話しがこんなに進展していたんでしょうか!
まさかスタッカーさんに息子がいるなんて!!
コミックでもそんなのは微塵も匂わせてなかったと思うんですけど…
って、だいたいスタッカーさんにこんな大きな子がいるとも思えないんだけどなあ。
デルトロ監督の「残ってるキャストは再び出演すると思う」…
と言う発言も、こんな展開になる前の話だしなあ。
出るかどうかは微妙じゃないのかなあ?
うーん。なんだかデルトロらしさが抜けて違う作品になった
ロボット映画になっちゃうんじゃないかと、ちょっと心配しています。

[PR]
by maku-no-suke | 2016-06-08 14:21 | 映画
b0053010_13272112.jpg
「クリムゾン・ピーク」のBlu-ray到着!
時間見つけてみるぞー!

[PR]
by maku-no-suke | 2016-06-03 20:30 | DVD
b0053010_15422340.jpg

The Huffington Post | 執筆者: 安藤健二 投稿日: 2016年06月02日 18時30分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/02/cthulhu_n_10254446.html

7月の共和党大会でアメリカ大統領候補への指名が確実視されているドナルド・トランプ氏に、思わぬ伏兵が登場か。

共和党保守派の間で、トランプ氏に対抗する独立系の候補を擁立しようとする動きが起きていることを受けて、「パシフィック・リム」などの代表作がある映画監督ギレルモ・デル・トロ監督が6月1日、H.P.ラヴクラフトの小説に登場する架空の邪神「クトゥルフ」を大統領候補に推薦する内容のツイートをした。

アメリカには「クトゥルフを大統領にしよう」という趣旨の公式サイトがあり、邪神が大統領にふさわしい103の理由を公開し、関連グッズを販売している。デル・トロ監督はラヴクラフト作品の熱烈なファンとして知られており、「狂気の山脈にて」を映画化を切望しているほどだ。今回のデル・トロ監督のツイートには、賛同する意見がネット上に続々と寄せられている。


さすがデルトロ監督!!
いや、私もトランプには大統領になって欲しくないので選挙権があったらクトゥルフに1票!

[PR]
by maku-no-suke | 2016-06-02 17:00 | スタッフ