ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

20150918-04.jpg

午前中に「パシフィック・リム2」無期延期なんて記事を書いて多少落ち込んでいたら
その後、デルトロ監督がツイッターを始めたことを知りさっそくフォロー!
( その前に気づいたとは言え、教えてくれたMちゃんありがとう!)

夕方、某SNSでデルトロ監督が無期延期の噂を否定した事を知りおぉーとなりました。
いや~、これってやっぱりユニバーサルがどんだけ「パシリム」が多くの人に
愛されているのかわかれば一発解決って話じゃないですか!
誰か英語が達者な人、ユニバーサルに教えてやって下さい。(他力本願ですみません!)

『パシフィック・リム』続編は製作中!無期限延期のうわさを監督が否定
ソース元 シネマトゥディ http://www.cinematoday.jp/page/N0076661
2015年9月18日 14時10分

先日 The Hollywood Reporter の報道により、無期限延期とうわさされていた映画『パシフィック・リム』続編について、ギレルモ・デル・トロ監督がEW.comにコメント。現在も製作中であることを明かした。デル・トロ監督は、「僕らは脚本と予算を3週間後に提出する予定だよ」と言うと、「僕の知る限り、映画の製作は続いている。僕らはまだ作業中なんだから」と無期限延期のうわさを否定。一時的な延期の可能性はあると語りながらも、「現在も企画は進行している」と主張した。

ディズニーランドの人気アトラクション「ホーンテッドマンション」の映画化作品や、アニメ映画『ピノキオ(原題) / Pinocchio』などの複数の企画を抱えているデル・トロ監督。「(『パシフィック・リム』続編製作中に)ほかの映画をはさむかもしれないけど」と話しつつも、彼の作りたい映画は『ヘルボーイ』第3弾や『パシフィック・リム』続編なのだそうで、「(これらの作品を作るために)早くお金持ちになりたいよ」と笑っていたという。

The Hollywood Reporter は、レジェンダリー・ピクチャーズが、キングコングの起源を描く映画『コング:スカル・アイランド(原題) / Kong: Skull Island』の製作会社をユニバーサル・ピクチャーズからワーナー・ブラザースに変更した影響により、ユニバーサル・ピクチャーズで製作中の本作が無期限延期になると関係者が語ったと報じていた。(編集部・井本早紀)



b0053010_15475642.jpg










デルトロ監督の最初ののツイート。
「やあ、本当に僕だよ。僕の名前を使って投稿している人もいるけれど
(なぜだかわからないが)まあ、とにかく僕だよ。
そんなにたくさん使わないと思うけど、やってみるね!」
詳しくはシネマトゥディのこの記事に書いてあります。

やっぱり「クリムゾン・ピーク」への意気込みを感じますね。
次の作品のためには是非ともこれをヒットさせないとって言う感じで。
日本公開が決まったら全力で応援するのでまずはアメリカでのヒット願っています!
[PR]
by maku-no-suke | 2015-09-18 23:30 | 映画
20150917-03.jpg

おとといの夜寝ようとして背中の痛いところに
エアコンのリモコンがあるのに気が付かず思い切り寝てしまって…激痛!
その後痛くて…結局昨日は1日横になってました。
今朝になってだいぶ楽になって来ましたが、
明日のリハビリでは事情を話して背中のマッサージは避けてもらうようにします。

で~寝てる間に(昨日あたるさんがコメントもしてくれたんですが)
パシリム2の製作が無期延期のニュースを見てそう来たか…って感じ。

ソース Engadget Japanese: http://japanese.engadget.com/2015/09/16/2/
 
2017年公開予定だったギレルモ・デル・トロ監督の映画『パシフィック・リム2』の制作が、無期限延期になりました。11月にもクランクインする予定でしたが、配給元のユニバーサル・ピクチャーズはこの件についてコメントしていません。
 
映画『パシフィック・リム』といえば、巨大怪獣と巨大ロボットの壮絶な戦いという、特撮ファンにはたまらないシチュエーションで日本でも高い人気を誇ります。第1作の公開前から進行していたとされる続編は、2017年の公開決定が伝えられたばかりでした。
ところがエンターテインメント情報サイト Variety によれば、この水曜日に制作会社のレジェンダリー・ピクチャーズが『パシフィック・リム』続編の企画を無期限に保留したとのこと。またワーナーに代わって続編の配給を担当するユニバーサル・ピクチャーズはこの件について沈黙しています。
続編に関しては、第1作に登場した科学者コンビの再登板が伝えられていました。また続編の脚本の概要からすでに3作目を計画していることもわかっています。

映画情報サイト Hollywood Reporter は、レジェンダリーは続編の制作を希望していたものの、第1作の興行収入が北米全体で製作費の半分ほどにとどまり、全世界合計でも製作費の2倍にしかならなかったことが影響したとしています。
また、レジェンダリーはワーナーと組んでいた時期には『ダーク・ナイト』、『インセプション』といったヒット作を放っていたのに対し、ユニバーサルと組んでからはそれほど目立った成績をあげられず、逆にわずかに関わっただけの『ジュラシック・ワールド』の特大ヒットからおこぼれを持っていく格好となっていることなども指摘されています。こうした経緯からユニバーサル側のレジェンダリーに対する不信感が高まっていた可能性もありそうです。

ファンにとっては非常に残念な話ですが、正式に『パシフィック・リム2』の制作中止が伝えられたわけではありません。制作発表から12年の紆余曲折を経て「ヒャッハー!!」と大輪の花を咲かせた『マッド・マックス 怒りのデスロード』の例もあります。少しでも早く問題が解決し、制作再開の報が届くのを待ちたいところです。


なんかねえ。デルトロ作品ってやるやる言ってて
やってないのがなにげに多いんですよねえ。
「狂気の山脈にて」とか「ピノキオ」のアニメ化とか
浦沢さんの「モンスター」を映画化…なんて話もありましたし、
「ホビット」に至っては脚本書いて監督もするってことになっていたのに
結局スケジュールが折り合わずPJ監督と交代ってこともあったし…

大の映画「ヘルボーイ」好きからすると「ヘルボーイ3」を
2007年から待ってるんんですけど結局流れたと言われ、
その後2012年にもしかしたらやるかも?って言われてはや3年。
先ごろヘルボーイ役のロン・パールマンが
「ヘルボーイの双子の子供は男女で女の子はリズ似なんだけど男の子はヘルボーイ似」
と発言して、もしかしたら少しは進んでいるかも?とうっすらと希望は湧いて来たんですが、
リズ役のセルマ・ブレアのお年が心配。それを言うとパン・パールマンも65歳だしなあ。
体力があるうちに(スタントは他の人がやるにしてもあのメイクで演技をするのも大変そう)
やって欲しいと思っているんですけどねえ。

まあ「パシフィック・リム」は上の記事を読むと
配給のユニバーサルさえ首を縦に降ってくれればなんとかなりそうなので…
ここはファンがユニバーサルを動かすしかないかな。(簡単でもないか!)
嘆願書でも書く?…でも英語がねえ。(笑)
[PR]
by maku-no-suke | 2015-09-18 23:00 | 映画