ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ソース : AOL http://news.aol.jp/2015/02/20/crimsonpeak/

デル・トロ監督が久々に手がけるホラー映画『クリムゾン・ピーク』は、幼馴染とミステリアスなイケメンとの間で揺れた果てに後者を選んだ若手女性作家が、イケてる旦那の真の姿に徐々に気づきはじめ...というストーリー。

キャストは"ロキ様"ことトム・ヒドルストン。なお、ヒドルストン演じるイケダンは当初ベネディクト・カンバーバッチが演じる予定だった。ジェシカ・チャステインとミア・ワシコウスカの2大薄幸ブロンド美女、そして『パシリム』主演でスターの仲間入りを果たしたチャーリー・ハナムで、さらに脚本は数々の名作を手がけてきた大ベテラン、マシュー・ロビンズらとの共作だ。

デル・トロ監督ならではのゴシックなホラー演出とフェティッシュなゴースト(?)の造形が楽しみだが、どこかおとぎ話のような雰囲気はこれまで同監督の英語作品には無かったテイストだ。過去作で言えば、若干『デビルズ・バックボーン』(2001年)に似た要素があるかもしれない。
[PR]
by maku-no-suke | 2015-02-23 17:24 | 映画
b0053010_11233314.jpg


ソース : クランクイン! http://www.crank-in.net/movie/news/35361

降板したベネディクト・カンバーバッチに代わり、映画『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で人気のトム・ヒドルストンが出演するギレルモ・デル・トロ監督最新ホラー『Crimson Peak(原題)』。現地時間10月16日に全米公開が予定されている本作の予告編が初解禁となった。

 デル・トロ監督が、映画『ダークフェアリー』の脚本家マシュー・ロビンスと再タッグを組んで共同執筆した久々のホラー映画『Crimson Peak(原題)』。主人公の新進作家イーディスは家族の悲劇に見舞われた後、幼なじみのアランと、ミステリアスな男性トーマスとの間で揺れ動き、自分の過去から逃れるようにトーマスとの結婚を選ぶ。そして闇に包まれた屋敷へと導かれるというストーリーだという。

 キャストはトムのほか、彼とはヴァンパイア映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(13)で共演しているミア・ワシコウスカが、ヒロインのイーディスを演じる。アラン役は映画『パシフィック・リム』(13)のチャーリー・ハナム。屋敷で同居するトーマスの姉妹ルシール役は、映画『インターステラー』(14)のジェシカ・チャスティンと、豪華俳優陣が集結している。

 古風な顔立ちでゴシックホラーのヒロインにぴったりのミア扮するイーディスが、何者かに剣を向けている衝撃的な場面から始まる予告編。「幽霊は本当にいる。それだけは確かだわ」というイーディス。トーマスとの結婚生活を送る大きな屋敷で、ルシールに「ここで過ごす2人の子供の頃の姿が想像できる」と話すと、ルシールからは「子供の頃、ここにいることは許されなかった。屋根裏の子供部屋に閉じ込められていた」と伝えられ…。

 本作について「古典的なホラー要素と現代のホラーの要素を組み合わせたゴースト・ストーリー」「私が愛してやまない古典的なジャンルでありながら、その慣習を覆すものになると約束する」と語っていたというデル・トロ監督。予告編では古典的なホラーの要素を前面に押し出しているようだが、どのようなサプライズが用意されているのか。日本でのリリース情報を待ちたいところだ。
[PR]
by maku-no-suke | 2015-02-19 11:24 | 映画
b0053010_2336954.jpg


デルトロ監督の新作「クリムゾン・ピーク」のティーザー・トレーラーが公開されました。
アップルなのでシェア出来ないのでURLを貼っておきます。
http://trailers.apple.com/trailers/universal/crimsonpeak/

Youtubeで予告がシェア出来るようになりました。


正式サイトもオープンしました。
http://crimsonpeak.legendary.com/

予告に「ヘルボーイ」に流れた「Red Right Hand」が使われているのを
友人に教えて貰いました。



オリジナルはニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズが唄っているのですが
今回はそれをカバーしたイギリスのミュージシャン、シンガーソングライター、
PJ ハーヴェイのバージョンが流れているようです。
[PR]
by maku-no-suke | 2015-02-14 23:53 | 映画