ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2013年4月30日 08:00

[映画.com ニュース] メキシコの奇才ギレルモ・デル・トロの監督最新作「パシフィック・リム」の公開日が8月9日に決定し、デル・トロ監督から日本のファンに向けたメッセージの入った限定予告編が公開された。

「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」で知られるデル・トロ監督が、総製作費約2億ドルをつぎ込んで作り上げるSFスペクタクル。太平洋の深海から突如出現し、次々と大都市を破壊する巨大生命体“KAIJYU”と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”の壮絶な戦いが描かれる。

このほど公開された予告編で、自他ともに認める“ハリウッドNo.1の日本オタク”のデル・トロ監督は、イェーガーのパイロットという重要なキャラクター“モリ・マコ”に起用した菊地凛子と、その少女時代を演じた芦田愛菜ちゃんを紹介。さらに「尊敬してやまない日本のマンガ、ロボット、怪獣映画の伝統を尊重することを心がけました」と思い入れを語った。

浦沢直樹の人気コミック「MONSTER」のドラマ化で制作総指揮を務めることでも話題のデル・トロ監督が、子どもの頃に慣れ親しんだ日本のアニメや特撮映画へのリスペクトを詰め込んだことがうかがえる予告編には、初公開となる愛菜ちゃんの登場シーンも追加されている。チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、ロン・パールマンらが共演する。

8月9日から丸の内ピカデリーほか全国で3D/2D公開。

(映画.com速報)



夏バテしないようにしていないと!!
[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-30 14:22 | 映画

Pacific Rim - Con Footage [HD]

Pacific Rim - Con Footage [HD]




『パシフィック・リム』日本版予告編(ギレルモ・デル・トロ監督コメントつき)



この予告の記事はこちら ↓
http://www.kotaku.jp/2013/04/pacific_rim_del_toro.html

[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-30 10:49 | 映画
b0053010_16553253.jpg

[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-26 16:56
2013年4月25日 15時19分
浦沢直樹「MONSTER」が米ドラマ化へ!ギレルモ・デル・トロが製作

 [シネマトゥデイ芸能ニュース] 「20世紀少年」などで知られる漫画家・浦沢直樹の「MONSTER」が、アメリカでドラマ化がされることが明らかになった。映画『ヘルボーイ』などのギレルモ・デル・トロ監督が製作に携わる。また、日本の刊行元である小学館もコンサルティング・プロデューサーとして企画に関わっている。

 「MONSTER」は1994年から2001年までビッグコミックオリジナルで連載されていたミステリー作品。天才外科医テンマと、彼が命を救った殺人鬼ヨハンの運命が交錯するさまを描いている。2004年から2005年にかけてはテレビアニメ化もされた。

 Deadline.comによると、デル・トロは脚本を担当するほか、パイロット版の監督を務めることも視野に入れているとのこと。ほかに人気ドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」のスティーヴ・トンプソンが製作・脚本に携わり、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」の放送局HBOと共同で製作する。

 当初「MONSTER」はハリウッドでの実写映画化が企画されていたというが、さまざまな事情により頓挫。だが実写化を熱望していたデル・トロは諦めず、このたび実写ドラマ化の企画が進行したとのこと。キャスト・放送日などの詳細は発表されていない。(編集部・福田麗)


う~~~~ん。浦沢漫画もそこそこ読んでいる私としては…
原作通りじゃなくてデル・トロ+トンプソン色が濃ければ成功とみますが…如何でしょう?
[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-25 15:43 | スタッフ
AOLニュース トランスフォーマーとG.I.ジョー、パシフィック・リムとゴジラが共演!? (杉山すぴ豊)より抜粋

「パシフィック・リム」とハリウッド「ゴジラ」が、同じ製作会社(リジェンダリー・ピクチャーズとワーナー)だから、ファンの間で、半ば希望的観測として出た噂です。
これについてデル・トロ監督は「ゴジラは好きだし、イェーガー(「パシフィック・リム」に登場する対怪獣用巨大ロボット)とゴジラが戦うところは観てみたいけど、その可能性はいまのところないね」とコメントしたそうです。しかし「パシフィック・リム」とハリウッド「ゴジラ」が、ともに大成功すれば、これも"あり"なのでは?

なおデル・トロ監督は、DCコミックスのスーパー・ナチュラル系(ホラー系・ダークヒーロー系)キャラたちにチームを組ませもうひとつの"ジャスティス・リーグ"ともいうべき作品「ダーク・ユニバース」を準備中とも伝えられており、リーダーはコンスタンティン(=あのキアヌ・リーブスが演じていたオカルト探偵)でスワンプ・シング(沼の怪物キャラ)、ザターナ(女魔術師)、スペクター(復讐の精霊)、デッドマン(幽霊)等 がメンバー。
これもすごい!


まあ、ないと思いますが、おたく的妄想としては面白いかと!!(笑)
[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-16 13:57 | 映画
先日、来日発表とともに映画に出演する芦田愛菜との2ショット写真も公開された『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督。予定されていた来日会見が、「ギレルモ・デル・トロ監督の家族の事情により中止」と発表された。「監督は日本の皆様に『パシフィック・リム』を紹介することを心より楽しみにしておりましたが、今は家族といるべき時期と判断した次第です」とのことだ。

 製作費2億ドル超というハリウッド映画で、映画が完成する前の来日会見ということで注目度も高まっていた。まだ全貌が明かされていない本作の謎が明らかになるのではと期待されていただけに、残念ではあるが、まだ映画は完成前。夏の公開を前に来日してくれることを期待して待ちたい。

 本作には菊地凛子も出演。太平洋(パシフィック)の深海から突如出現し、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体“KAIJYU”と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”との壮絶な戦いを描いたSFスペクタクル超大作。(2013年4月8日・nifty映画 A)

[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-08 18:00 | スタッフ
cinemacafe.net 2013年4月5日 15時16分 (2013年4月6日 15時11分 更新)

TVドラマ「SHEROCK/シャーロック」でのシャーロック・ホームズ役で女子のハートを鷲掴みにしたイギリス俳優ベネディクト・カンバーバッチ。積極的にハリウッド映画にも進出を果たしているベネディクトが、『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督の新作『Crimson Peak』(原題)に主演することが明らかになった。

米エンタメ情報サイト「Variety.com」によると、同作は呪われた屋敷を舞台とするスリラー作品。あらすじは未だ明らかになっていないが、ベネディクトはすでにキャストとして参加することが決まっている『アメイジング・スパイダーマン』のエマ・ストーン、デル・トロ監督の『パシフィック・リム』で主役を務めたチャーリー・ハナムと共演することになる。

脚本は、デル・トロ監督と『ウソから始まる恋と仕事の成功術』('09)のマシュー・ロビンソンの初稿を、監督と『ラフマニノフ ある愛の調べ』('07)のルシンダ・コクソンがリライト中で、撮影は来年2月より開始される予定だという。

ベネディクトは、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』、『12 Years a Slave』(原題)、『August: Osage County』(原題)、『ホビット スマウグの荒らし場』に出演を果たした後、現在は、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジの伝記映画『The Fifth Estate』(原題)で主役のジュリアン・アサンジ役で撮影中…と、超多忙な日々を送っている。またテレビにおいても「SHEROCK/シャーロック」シーズン3の撮影がスタートしているほか、米HBO局の「Parade's End」も待機中だ。

ベネディクト・ファンにとっては今年、そして来年とますます楽しみが増えそうだ。

(text:Mieko Nakaarai)
[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-07 23:47 | 映画