ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブレイド2!

b0053010_11542176.gifついに見ましたですよー!
「ヘルボーイ」でデルトロ監督に開眼した私としてはいつかは見なくちゃいけない作品の1本でした。
いや~、はっきり言ってこれがなければ「ヘルボーイ」は生まれなかったとは思いますが、年なのか…アクションの詰めすぎで、私にはちとキツかったかなぁ~。でも、そこここに「ヘルボーイ」への布石が感じられて嬉しかったですね。音楽もマルコ・ベルトラミで結構まんまって感じだったしー。(それもまた嬉しいんだが…。)

作品としての色合いは、出だしからデルトロ色一色で良い感じ。
プラハのロケも充分生きてるし、最初のバイクアクションからニッサとアサドとの戦闘シーンも監督の言葉通りまさに「アメコミと日本のアニメ、両者の感覚の融合を図った」スタイリッシュでアニメの動画のような演出が小気味いいーっ!ここは、もろ「クロエネン」のアクションを彷彿とさせられて、ちょっと萌えました。またバックにいくつものライトを配したセットのビジュアル的センスも買いたい!
きっとデルトロ監督の頭の中には明確なビジョンがあって、それを映像化出来る才能があるんでしょうねえ。

ロンおやじファンとしては、今回もいつも通り、与えられた役をきちんとこなしてくれていて、嬉しかった。あのふてぶてしさ、どしっとした重量感のある動き…たまりませんなあ。(笑)
(↑要するにマッチョでバカっぽいキャラを演じる役者好き!アーノルドさん、カムバーックッ!)
実はスカッドと…だったなんて、結構キレるヤツじゃん!
…って、
そうだぁ!!スカッドって、たしかBPRDのTシャツ着ていたとかって話…
すっかり忘れてたよぉ!!ガビーーーン!今度見る時にはしっかり確認しなくちゃ!

というか、次にこの作品を見られるくらいの体力がある時って、いったい何時?(笑)

あのピカーっていう紫外線の武器と「死神族(リーパーズ)」がたむろす地下下水道の辺りも、「ヘルボーイ」っぽくて「おぉ!」と思ってしまったんですが、私の最大の問題はウェズリー・スナイプスに全然燃えないないっちゅーことでして、殺人精鋭集団“ブラッド・パック”(かっー!ドニー・イェン萌えだわーっ!「セブンソード」も期待大!)が、やられちゃって、ブレイドがニッサに自分の血を与えるシーンにも、なんだかなー。いまいちノレなくて、いささかガッカリ…。普通こういうシーンは、ぞわ~~っとするもんなのに「あ。そうですか」くらいにしか見えないのが残念だったかなあ。
まあ、それを言うと、ラストのニッサを抱くブレイドもねー。
へルボーイとリズとダブるんですよね。彼女が消えていくところも、リズの炎のシーンを思い出しちゃうんですけど、やっぱ、ウェズリー・スナイプスが全然イケてないのよー。(泣)
いや、まあ、これは好みの問題だから仕方ないっていうのはわかってるんですけどねー。
そんなこんなで、デルトロ好きとしては「燃えた」が、ウェズリー・スナイプスで減点で、まあまあだったと言う感じでしょうか。

で、ネットでいろいろ見てみたら、ヴァンパイア族の大君主ダマスキノスを演じていたトーマス・クレッチュマンって「U-571」に大佐役で出ていたのね。見ていなけど「戦場のピアニスト」で主人公を見逃すナチス将校役をやっていた人だったんだー。
って、更によく見てみたら、先月見た「ヒトラー~最後の12日間~」でヘルマン・フェーゲライン(エヴァ・ブラウンの妹の旦那)役で出てた人!今年の暮れには、あのピーター・ジャクソン監督の「キング・コング」に、船長さんの役で出るみたいなので、ちょっと楽しみではあります。

<参考サイト>
ヘラルド・オンライン「ブレイド2」オフィシャルサイト
はてなダイアリー・ブレイド 2 ― コレクターズ・エディション紹介ページ
allcinema.online「ブレイド2」キャスト&スタッフ一覧
「マイ・ファーザー」トーマス・クレッチュマン・プロフィール
[PR]
by maku-no-suke | 2005-09-22 15:25 | スタッフ
b0053010_13561674.jpgラスプーチンの墓で離ればなれになったヘルボーイとリズが位置発信器の応答として「マルコ」「ポーロ」という合い言葉を使っていたのですが、ずっと「なぜにマルコ・ポーロ?」と疑問に思っていたのでした。まもなく公開から1年が経とうとしている今、よーやく、謎が解明致しましたので、ご報告をばっ!

この疑問を解明してくれたのは、うちの旦那のマクタロウ。
うろ覚えながら、ネットで検索していくうちに「マルコ・ポーロ」が鬼ごっこの合い言葉だという記述があるサイトに辿り着いたんだとか。


「ネイティブ力をつくる本」ケリー伊藤 著/研究社 P36より引用


マルコポーロ:アメリカの子どもは、Marco Polo といったら、偉大なイタリアの旅行家より、プールの中での鬼ごっこを思い浮かべる。鬼はプールの端で目をつむって10数えたあと"Marco"と叫ぶ。そうすると残りの子どもたちは"Polo"と叫び返しながら水の中で鬼ごっこをする。この間、もし追われるほうの子どもの中に"Polo"と返事を返さない子がいれば、鬼はその子の名前を言う。そうすると鬼につかまらなくても、名前を言われた子は鬼になってしまう。ただし、水のなかにもぐっていれば"Polo"と叫ばなくてもよい。

…というわけで、アメリカではポピュラーな子供の遊び言葉だったわけですねー。
「もういいかい?」「まあだだよー。」みたいな…。

知っていればリズが「マルコ」と言った時点でヘルボーイが「ポーロ」と答えるだろうというのが先読み出来て、ふたりの絶妙なコンビネーションがより深く楽しめたんだろうと思うと、ちょっと残念だったりして…。
[PR]
by maku-no-suke | 2005-09-21 14:30 | 劇中ワード
注文してあった「コミコン限定! ULTIMATE HELLBOY 」が無事到着しました!
いや~こうして見るとやっぱり注文して正解でしたーっ!
似ているし、いろいろ遊べて楽しい!!
で、遊びついでに、マクタロウ(旦那)に頼んで写真を撮って貰いました。

b0053010_2248527.jpg

予約ページの画像を見た時に、勝手に前のフィギュアとヘッドは同じ…と思っていたのですが、
比べてみたら、口の開き方が違っていました。
まずは最初に箱から出したバージョンで1枚。
角は従来のフィギュアと同じ「グラインダーで削った通常の角」が装着。
敗れコートは、黒でちゃんと汚しが入っていてsideshowのこだわりを感じます。

b0053010_22474751.jpg

お次は角を差し替えて「アヌン・ウン・ラーマ」バージョンに挑戦。
角は差し込み式になっておりました。
こうやって角を差し替えるだけでも、かなり印象が変わって良い感じ♪

b0053010_22472340.jpg

お次は角折りバージョンに角を差し替えて、「アヌン・ウン・ラーマ」バージョンの
角を持たせて撮ってみました。
差し込みの突起部分が写っちゃってるけど、笑って許してやって下さいませ。(^_^:)

b0053010_22465923.jpg

さて4枚目はフル装備で撮影。
肩に「爆弾」手に「剣」を持たせて撮ってます。

b0053010_22482089.jpg

最後はおまけ!
手を見たら、ちゃんと十字架の焼き印も入ってました!
いい仕事してますねー。sideshowさんっ!!!
[PR]
by maku-no-suke | 2005-09-03 23:27 | フィギュア
6月に「豆魚雷」さんに予約した「HELLBOY/ ULTIMATE HELLBOY with HORNS - COMICON EXCLUSIVE」が9月2日に入荷というメールが昨日届きました。
さっそく正式注文する為に豆魚雷さんのページにアクセス。ちゃんと送信したつもりですが、大丈夫かな~。ちと心配です。

しかし、長かったですねー。
8月中に入荷するとばかり思っていたら、8/21に入荷延期が発表されて、がっかりしてたんですが、うまく行けば来週には、ヘル坊の顔が拝めるかな~♪
このところ、これと言ったニュースもなくなかなかこのブログも更新出来なくて、気になっていたのですが、これで更新が出来ますね~。良かった~。
[PR]
by maku-no-suke | 2005-09-01 10:48 | フィギュア