ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

<   2004年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ロンギヌスの槍

b0053010_10172472.gifB.P.R.Dの廊下を歩くブルーム教授と新人捜査官マイヤーズ。
壁の両側には様々なオカルトめいた品々がガラスケースに入れて展示されており、その中の壊れた古い槍に目がいったマイヤーズにブルーム教授が説明する。
「1938年、ヒットラーはキリストの脇腹を突いた「ロンギヌスの槍」を入手。槍を手にした彼は無敵の力を得た」

昨日「ロンギヌスの槍」に関する解説をこちらの「X51.ORG」で読んだんですが、十字軍やアーサー王伝説の元になったという説があるのには驚きました。
現在はウィーンのホーフブルグ宮殿内に展示されているそうなんですが(どの時点で偽物にすり替わっていてもおかしくないけど…。)、IMDb の「ヘルボーイ・トリビア」によると映画で使われた「ロンギヌスの槍」は、この展示物を正確に模して作られているんだそう。こんなところにもデル・トロ監督のおたく心が感じられて嬉しかったりしています。

ところで他にも何か「ロンギヌスの槍」に関する情報はないかと調べているうちに、左記の画像の本に辿り着きました。「ロンギヌスの槍」とヒットラーの謎を作者の取材と推理で迫った入魂の1冊らしいのですが、さらに調べてみたところ「ロンギヌスの槍―オカルティスト・ヒトラーの謎」というタイトルで翻訳もされているようなんです。学習研究社刊 (2002-01-18出版)¥819。

「紀伊国屋Book Web」による作者のトレヴァ・レヴンズクロフト氏の経歴を見ると、

1921年、イギリス生まれ。ジャーナリスト、歴史家。第二次大戦中、北アフリカのロンメル将軍暗殺計画特別挺身隊に加わり、’41~’45年まで収容所生活を送る。戦後は報道関係の記者を務め、ロンドンとエジンバラで歴史学を講義。ワルター・ヨハネス・シュタイン博士に師事し、12年余にわたり『ロンギヌスの槍』のための調査研究を行なう。’89年没

とあって、これまた興味深かったりします。
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-30 16:11 | 劇中ワード
以前から欲しいと思っていたB.P.R.D.のロゴが入ったコーヒーマグを「円高の今がチャンス!」とばかりに向こうのおたくショップ(?)に注文!!
1つ$7.99を2つ注文して送料が$13.29。
7~18日で届くそうです。
遅くても12月の中旬にはB.P.R.D.のマグでコーヒーが飲めるのかと思うと今からワクワク!!
待ち遠しいです。
tfaw.Com「Hellboy: B.P.R.D. Coffee Mug」→
http://tfaw.com/merch/profile.html?&SKU=12158
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-27 23:25 | その他のグッズ
b0053010_1419132.jpg「ヘルボーイ」にハマってもうすぐ2ヶ月。
マクタロウ(旦那)に「ヘルボーイ」の設定が「クトゥルー神話」だということを聞き、ネットでいろいろ調べているうちに「いれくば堂」さんで「映画の冒頭で「妖蛆の秘密」よりの抜粋あり」という記事をみつけました。

さっそく図書館で国書刊行会の「真ク・リトル・リトル神話体系2」を借り、その中に収録されている「妖蛆の秘密」を読んでみたのですが、どの部分がそれにあたるのかよくわかりませんでした。
そこで思い切って掲示板で管理人さんにお尋ねしたところ、本文の引用ではなく「妖蛆の秘密」というタイトルそのものが使われているとのこと。

そもそも「妖蛆の秘密」の原題は「The Shambler from the Stars」と言って、一般的には、訳者によって「星から訪れたもの」、「星から来た妖魔」、「星よりの召喚者」と翻訳されているということが判りました。
ではなぜ「真ク・リトル・リトル神話体系2」に納められているタイトルが「妖蛆の秘密」なのかと言うと、この話の中に登場する魔導書の名前が「妖蛆の秘密」と言うんですね。

物語は、この魔導書「妖蛆の秘密」を偶然手に入れた主人公が友人の下を訪れ、化け物を呼び出してしまうという短編で、その化け物の描写が、「それは赤い血をしたたらせた、脈動する巨大なゼリーのようであった」とか「胴体に無数の触手が波打っていた」とか「触手の先には吸盤がついており、それらは残忍な欲望に口を開閉していた」など…いかにも「クトゥルー」というか「ヘルボーイ」のラストバトルのアレそのもの!

さらに調べてみたら、この話を書いたロバート・ブロックは映画「サイコ」の作者としても有名な人で、若いころはかなりラヴクラフトに傾倒していてクトゥルー関係の本を書きまくっていたみたいなんですね。(後年はイギリスの怪奇映画制作会社アミカス・プロダクションで脚本も書いていたそうです。)
「妖蛆の秘密」のラストで主人公の友人が化け物に残酷な殺され方をするのですが、巻末の解説によると、実はこの友人のモデルになったのがラヴクラフト御大で、殺され方に感銘を受けたラヴクラフトが「闇に這う者」という作品でロバート・ブレイクという名前の怪奇作家を殺害!ブロック自身もラヴクラフトの死後「尖塔よりの怪奇」という作品でエドモンド・フィスク(ブロックのもうひとつのペンネーム)なる怪奇作家を殺しているのだそうです。
おぞましい話を書いていても、こういったお茶目なところも忘れないところがいいですね。

ところで肝心の「妖蛆の秘密」という単語が映画の冒頭のどの部分に引用されていたかなんですが、これが2回も見た割には全然憶えていない自分が情けなかったりしています。
先日こちらのサイトの10/2の日記の中に「『妖虫の秘密』ってなんですか林完治! 虫じゃなくてちゃんと蛆にして欲しかったです。」とこだわりのコメントをされている方も発見しましたので、映画の字幕が「妖虫の秘密」になっていたと言うことだけはわかったんですが…。
映画のシナリオも探してみましたが、結局みつからず、こうなったらDVDの発売を待って確認するしかないとあきらめモードに入っております。


尚、画像は現在比較的すぐに手に入る「クトゥルー・暗黒神話大系シリーズ」の1巻の表紙です。
「妖蛆の秘密」は「星から訪れたもの」というタイトルで7巻に納められています。
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-25 16:21 | 劇中ワード
昨日「ハウルの動く城」を見に行った時に、映画館で「サウンド・オブ・サンダー」なる映画のチラシを発見!

原作ブラッド・ベリ。監督ピーター・ハイアムズ。出演が「プライベート・ライアン」で最後まで生き残った兵士を演じていたエドワード・バーンズとベン・キングスレー、キャサリン・マコーミックなんだそうで…。

内容の方もタイムトラベルで好きな時代に行ける近未来。古代に旅をしたグループのひとりがルール破り、一匹の蝶を殺したことから、未来に影響を与え恐るべき異常進化が始まってしまった…という「いい具合にB級(笑)」のSF物みたいなんです。

で、今日たまたまIMDbの「ヘルボーイ」のキャスト表を見たら、クレイ捜査官ことCorey Johnsonの最新作がこの「サウンド・オブ・サンダー」だということが判明。
Christian Middletonという役柄のようです。

ちょっと興味があるんですが、見に行くかどうかはちょっと迷うところ。
それにしてもチラシにには「エンタテイメント超大作・2004年12月ロードショー!!」とか書いてあって、その割に、日本では全然話題になっていないのが気になります。
IMDbには2005年公開となっているんですが、どうなっちゃってるんでしょうか?
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-21 23:14 | キャスト
b0053010_16265167.jpghorror.comという向こうのサイトの"Hellboy" Exclusive Coverageというコーナーで今年3月に行われた「ヘルボーイ」のプレミア上映の写真をみつけました。

デル・トロ監督や原作コミックの作者ミニョーラさん、ロン・パールマン(ヘルボーイ)、セルマ・ブレア(リズ)、ダグ・ジョーンズ(エイブ)に交じって「タイタニック」のキャメロン監督の姿もありました。

中でもめずらしいのがマニング部長ことジェフリー・タンバーの写真。結構まんまだったりするのが笑えます!
(「2」には出演決定!!「1」でエンディング見逃した方は、その後どうなったのかわからないかも!)

それから超お宝級なのが、2ページ目のマイヤーズ(ポスターの一番右)ことルパート・エヴァンスの写真!!
映画の中でもその初々しさが光ってましたが、こうしてみると、やっぱりどことなく若い頃のブラピに似ている!!
しかもかわいい~~~~~っ!!!
最近の情報では「2」のカメオ出演はあるかもしれないとのことですが、できればたくさん出て欲しいですねえ。

なんて喜んでいたら、やっぱり同じように思っている方を発見!
なんとなく嬉しくなっちゃいました!→「なんログ」
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-19 17:14 | キャスト
b0053010_10354464.jpg
映画「ヘルボーイ」の設定がラヴクラフトが書いた「クトゥルー神話」を元にしていることをマクタロウ(旦那)から聞き「クトゥルー神話って何?」とか言っていた勉強不足の私なんですが、どうやらこの手(怪奇もの)好き!のおたくは押さえておかにゃあいかんお話らしいんですね。
まあ、特に怪奇もの好きって訳じゃないんですが、全く興味がないわけではないので、ちょっと調べてみたんですが「おぉ!なるほど~ぉ」と膝を打ってしまいました。

そもそも「クトゥルー神話」とは、1920~30年代に怪奇小説作家ラヴクラフトが「時空と空間をを超えて戦う神々と邪神(旧支配者)とそれに関連する人々」を描いた怪奇小説群で、ここに「身体はぬめぬめとしたゴム状で鱗に覆われ、頭部はタコかイカ。無数の触腕が生え、手足には巨大な鉤爪、背には翼を有する」…といった邪神が登場。
またラヴクラフトの資産を引き継いだ弟子のオーガスト・ダーレスが、この神話の著作権を行使しない旨を明言したことにより、誰もがこの世界観(邪神群など)を使って創作することができるようになったため、様々な作家が作品を発表。一般的に「クトゥール神話」と言った場合、これらの作品群を指すのだそうです。
今だと「スター・ウォーズ」や「スタートレック」のオリジナル小説のようなノリでしょうか…。
(余談ですが「スター・ウォーズ」は映画しか認めたくないので未読。スタトレは何冊か読んだことがあります。)

引き続き、作者のラヴクラフトのことを調べていたら「はてな」の検索「ラヴクラフト」でこんな記述を発見!

海産物が大嫌いだったらしい。

そして猫が大好きだったらしい。


まさに「なるほどザワールド」って感じですね。
だから「邪神」がぬめぬめにゅるにゅるの巨大イカ(笑)で(クトゥルーの設定もそうなんでしょうが)、「ヘルボーイ」が猫好きって設定になってるんだ~!!
原作コミックを未読なので、巨大イカ&猫好きが、原作の設定なのか映画の設定なのかわかりませんが、ラヴクラフトへおもいっきりオマージュってところがにくいですねえ。

尚、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。→「猫の夜会」(残念ながら今月で閉鎖・ファンタジー小説ゲームのサイト)と「Cthulhu mythology」 です。どうもありがとうございました。
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-17 12:36 | スタッフ
マクタロウ(旦那)がアメリカのタワーレコードのネット通販に購入してあった「Hellboy Verticle Urban Scout Pack」が昨日の夜届きました。
もともとは向こうのアマゾンでみつけたんですが、注文しようとしたら「おもちゃ、ゲームの類は日本には発送していない」ということで、あきらめかけていたところ、タワレコなら大丈夫ということがわかり注文したんですが、1週間程度で到着しました。
金額は$19.99。これに送料がつきます。

b0053010_13553335.jpg

表面から見たところです。え~と、部屋が散らかっているのは勘弁してやって下さい。(^_^;)
持ち手の部分や携帯ポケット(写真ではわからないですが、左側にもうひとつあります)など思ったよりしっかり出来ており、中を開けるとペンや小物を入れるポケットも充実。
収納もたっぷり出来て使いやすそうです。
BPRDのマークは刺繍されています。色もその割に派手ではありませんでした。
派手かな~と思われる方はヘルボーイカラーと思って割り切られることをお薦めします。(笑)

b0053010_13554663.jpg

こちらは裏面です。
黒い部分がメッシュ素材で出来ており、ポケットになっています。
(ポケット内の上部に落下防止用にマジックテープがついています)
こちらもBPRDのマークが刺繍で入っています。
たまたま写ったパソコンのスクリーンセーバーとお揃いになりました。
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-16 14:40 | その他のグッズ
今年の3月30日にロサンゼルスで行われた「ヘルボーイ」のプレミアの時のダグ・ジョーンズ(エイブ役)の画像をみつけました!
ダグの首のチョーカーなんですが、よく見ると「エイブ」の目がヘッドになってる!!
(下から2番目の写真がよくわかります。)
IMDbのトリビアで読んだんですが、本当だったんですねえ。

ヘルボーイ・プレミア・ダグ・ジョーンズの画像→http://dougjones.topcities.com/HB%7Epremiere.htm
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-12 16:59 | キャスト
マクタロウ(旦那)がオークションでゲットした12インチフィギュア「クロエネン・ラストバトル」と「クロエネン・ナチバージョン」が火曜日(11/9)に届きました。
12インチフィギュアとしてはかなり高額だったので、入札するまで悩むことは悩んだんですが、とにかくクロエネンの魅力に勝てなかったという感じですね。
2体セットの出品だったんですが、本命は「ナチバージョン」で、すでに購入済みの「通常バージョン」とマスク違いの「ラストバトル」の方はおまけみたいなもの。
しかし同梱されている「ダメージマスク」を被せてみると、これはこれでなかなか味があって案外良かったかもと思いました。(ちなみに「ナチバージョン」のみの出品もありましたが、スタート価格が2体で出品されたものとあまり変わらなかったので、思い切って2体の方を選択しました。)

「ラストバトル・全身」
「ラストバトル・ダメージマスク/顔アップ」
「ナチクロエネン・全身」
「ナチクロエネン・素顔アップ」

の4枚の画像をアップしました。

最後の写真はかなり強烈なので、

心臓の弱い方はご注意お願いします。(笑)


b0053010_1116383.jpg

「ラストバトル・全身」↑
ラスプーチンの墓でヘルボーイと最後の対決をした時のマスクをつけたバージョンです。
発売元のサイドショウから750体限定ということで発売されました。
「ダメージマスク」(ヘルボーイに殴られてボコボコになったマスク)が付属して、付け替えることも出来るんですが、マスクの後ろの部分は本体に固定されていて、前面のみを付け替えるようになっています。マスク全体を外すことが出来ないのが、ちょっと残念ですね~。
尚、首から下は「通常バージョン」と全く同じです。

b0053010_1117914.jpg

「ラストバトル・ダメージマスク/顔アップ」↑
「ラストバトル」についている「ダメージマスク」をつけて「顔のアップ」を撮ってみました。
ご覧の通り、壊れた穴からクロエネンの素の目が覗いているのが怖いですねえ。
マスク上部の6つの突起がジョイントになっていて、前面の部分を取り外して「ラストバトル」(殴られる前)のマスクと付け替えられるようになっています。

b0053010_11165732.jpg

「ナチクロエネン・全身」↑
映画の冒頭のナチスの将校姿のクロエネンです。
こちらは、アメリカで行われているコミコン限定で、ネットで登録の上、会場に行かないと買えなかったことから、日本での入手はむずかしいと言われているものです。
それにしても帽子や服についている装飾品など実に細かく出来ていて、サイドショウのフィギュアに対する「愛」を感じずにはいられません。

b0053010_11172185.jpg

「ナチクロエネン・素顔アップ」↑
タイトルの通り、クロエネンの素顔のアップです。
これは3体(「通常バージョン」「ラストバトル」「ナチクロエネン」)共通の仕様で、それぞれのマスクをはずすとこの素顔が拝めるんですが、それにしも心臓に悪い!!
絶対に夜見たくない顔ですね~。
怖くてとてもこの姿で飾れません。
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-12 13:07 | フィギュア
先月の末、ネットでヘルボーイを検索している時に、エイブ役のダグ・ジョーンズのプロモビデオがみられるサイトに辿り着きました!
これまでに出演した映画やテレビ、CMなどを編集した数分のものなんですが、彼の素顔を拝むことが出来てとってもありがたかったです。
体の線や仕草などからなんとなくエイブを連想することが出来ました。
フィルモグラフィーを見ると「メンインブラック2」や「タイムマシーン」「ハンニバル」「モンキーボーン」なんかにも出ているみたいですが、あのプロモビデオを見たあとだと、もしかして被り物もしくはメイクをしていて一見彼とはわからない役をやっていたんじゃないかと勘ぐってしまったりして…。(^_^;)
デル・トロ監督作品には「ミミック」にカメオ出演(これこそわからないかも!)していたんですね。

「Actors Directory」ダグ・ジョーンズの映像は→こちらのページの一番下をどうぞ!
[PR]
by maku-no-suke | 2004-11-11 15:20 | キャスト