ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:スタッフ( 69 )

b0053010_13574815.jpg



映画『ブック・オブ・ライフ』は、主人公のマノロと幼なじみのホアキン、ヒロインのマリアという3人のキャラクターを中心に、マノロが辿る3つの異世界「生者の国」、「記憶される者の国」、そして「忘れられた者の国」への旅を描く物語となるようです。

物語の重要なテーマとなる「死者の日」は、特にメキシコで盛大な祝祭が行われることで知られていますが、頭蓋骨を花で飾るなど独特の死生観を持つ国の監督が描くものですから、単に明るいだけではなく、どこかダークな印象のある映画になっているのではないかとも感じられます。

また、主人公たち3人はマリアを中心とした三角関係として描かれており、恋と友情の板挟みといったラブストーリーの側面もあるようです。

『ブック・オブ・ライフ』の監督を務めるのは、この作品が長編監督デビューとなるホルヘ・グティエレス。テレビアニメを中心に活動してきたグティエレス監督は、ギレルモ・デル・トロの信任を受けて、晴れてこの大作に挑むことになります。

声の出演は、主人公のマノロを『エリジウム』でのフリオ役も記憶に新しいディエゴ・ルナ、ホアキンを『G.I.ジョー』のチャニング・テイタムが演じるほか、マリアを『スター・トレック』のウフーラ役も素晴らしかったゾーイ・サルダナが担当しています。

また、マノロのスーパー・マッチョなお爺さん役で『マチェーテ』でお馴染みのダニー・トレホ、 さらにロン ・パールマンまで出演というのですから、なんだか観る前からハイテンションなイメージが浮かびます。

「俺たちのトトロ」ギレルモ・デル・トロによる初のアニメーション・プロデュース作品『ブック・オブ・ライフ』は、2014年10月17日から全米公開予定。日本での公開は現在のところ、未定となっています。

ソース元 ・ http://www.kotaku.jp/2014/06/book-of-life-channing-tatum-jorge-gutierrez.html



[PR]
by maku-no-suke | 2014-06-02 23:00 | スタッフ
2013年4月25日 15時19分
浦沢直樹「MONSTER」が米ドラマ化へ!ギレルモ・デル・トロが製作

 [シネマトゥデイ芸能ニュース] 「20世紀少年」などで知られる漫画家・浦沢直樹の「MONSTER」が、アメリカでドラマ化がされることが明らかになった。映画『ヘルボーイ』などのギレルモ・デル・トロ監督が製作に携わる。また、日本の刊行元である小学館もコンサルティング・プロデューサーとして企画に関わっている。

 「MONSTER」は1994年から2001年までビッグコミックオリジナルで連載されていたミステリー作品。天才外科医テンマと、彼が命を救った殺人鬼ヨハンの運命が交錯するさまを描いている。2004年から2005年にかけてはテレビアニメ化もされた。

 Deadline.comによると、デル・トロは脚本を担当するほか、パイロット版の監督を務めることも視野に入れているとのこと。ほかに人気ドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」のスティーヴ・トンプソンが製作・脚本に携わり、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」の放送局HBOと共同で製作する。

 当初「MONSTER」はハリウッドでの実写映画化が企画されていたというが、さまざまな事情により頓挫。だが実写化を熱望していたデル・トロは諦めず、このたび実写ドラマ化の企画が進行したとのこと。キャスト・放送日などの詳細は発表されていない。(編集部・福田麗)


う~~~~ん。浦沢漫画もそこそこ読んでいる私としては…
原作通りじゃなくてデル・トロ+トンプソン色が濃ければ成功とみますが…如何でしょう?
[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-25 15:43 | スタッフ
先日、来日発表とともに映画に出演する芦田愛菜との2ショット写真も公開された『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督。予定されていた来日会見が、「ギレルモ・デル・トロ監督の家族の事情により中止」と発表された。「監督は日本の皆様に『パシフィック・リム』を紹介することを心より楽しみにしておりましたが、今は家族といるべき時期と判断した次第です」とのことだ。

 製作費2億ドル超というハリウッド映画で、映画が完成する前の来日会見ということで注目度も高まっていた。まだ全貌が明かされていない本作の謎が明らかになるのではと期待されていただけに、残念ではあるが、まだ映画は完成前。夏の公開を前に来日してくれることを期待して待ちたい。

 本作には菊地凛子も出演。太平洋(パシフィック)の深海から突如出現し、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体“KAIJYU”と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”との壮絶な戦いを描いたSFスペクタクル超大作。(2013年4月8日・nifty映画 A)

[PR]
by maku-no-suke | 2013-04-08 18:00 | スタッフ
[映画.com ニュース] 2013年3月29日 08:00

メキシコの奇才ギレルモ・デル・トロ監督が、最新作「パシフィック・リム」のプロモーションのために来日することが急きょ決定した。会見が開かれる予定で、本編は未完成ながら新しい映像のお披露目も計画されているようだ。

「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」で知られるデル・トロ監督の来日は、2008年以来5年ぶり。子どもの頃から、テレビで日本のアニメや特撮作品に慣れ親しみ、世界で最も影響を受けたクリエイターは宮崎駿と語るデル・トロ監督。前回の来日では、日本の玩具をスーツケース11個分も買い込んだ“ハリウッドNo.1の日本オタク”が、日本へのリスペクトを詰め込んだハリウッド超大作をどのようにアピールするのかに注目が集まる。

太平洋の深海から突如出現し、次々と大都市を破壊する巨大生命体と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”の壮絶な戦いを描く総製作費約2億ドルのSFスペクタクル。チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜ちゃんらが出演する。

本作に登場する巨大生命体の総称を“KAIJYU”と命名し、菊地をイェーガーのパイロットという重要なキャラクターに起用したことからも、デル・トロ監督の親日家ぶりがうかがえる。また、本作でハリウッドデビューを果たす愛菜ちゃんとのツーショット写真が、このほど公開された。

「パシフィック・リム」は、2013年夏に全国で公開。

(映画.com速報)
[PR]
by maku-no-suke | 2013-03-29 20:50 | スタッフ
b0053010_11552459.jpg

[PR]
by maku-no-suke | 2013-03-27 11:56 | スタッフ
b0053010_1153267.jpg

[PR]
by maku-no-suke | 2013-03-25 23:00 | スタッフ

Pacific Rim Official Trailer - In UK Cinemas July 12

ギレルモ・デル・トロ監督の怪獣対巨大ロボ映画の予告。
いや~真面目に怪獣映画に取り組んでます!感動!
[PR]
by maku-no-suke | 2012-12-13 23:00 | スタッフ
b0053010_11511873.jpg

[PR]
by maku-no-suke | 2012-12-13 23:00 | スタッフ
b0053010_11491757.jpg

[PR]
by maku-no-suke | 2012-12-12 23:00 | スタッフ
b0053010_11471893.jpg

[PR]
by maku-no-suke | 2012-10-11 23:00 | スタッフ