ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:スタッフ( 66 )


2017年6月15日 15:30
映画ナタリー http://natalie.mu/eiga/news/236873
「劇場版 マジンガーZ(仮題)」の特別イベントがフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭2017にて現地時間6月14日に行われ、原作者の永井豪が登壇した。

同イベントは、世界的に注目を集める作品の制作過程をいち早く公開する「Making of」というプログラムの一環として実施された。

「マジンガーZ」や「UFOロボ グレンダイザー」のTシャツを着た永井ファンの熱気があふれる観客席には、「パシフィック・リム」の監督ギレルモ・デル・トロの姿も。続いて観客席に現れた永井が、デル・トロの持参したノートにマジンガーZのイラストを描きサインを添える。デル・トロは「サンキュー! ありがとう!」と大興奮の様子で永井と熱く抱擁を交わし、満面の笑みを浮かべてガッツポーズを取った。

イベントには、本作のプロデューサーであるダイナミック企画の永井一巨と、東映アニメーションの金丸裕も登壇。テレビシリーズの最終回から10年後の世界が舞台となることが発表された。また、オープニングテーマが水木一郎の歌う「マジンガーZ」新録バージョンに決定。同曲の作曲者・渡辺宙明の息子である渡辺俊幸が劇中音楽を手がけることもわかった。

さらに、本編から抜粋された特別映像が上映され会場の熱気がピークに達する中、永井が登壇。「今のほうが、マジンガーZが活躍するのにふさわしい時代だと思います。未来に対する混乱を感じながら、強い力で平和を取り戻すためのヒーローを求めている空気があると思う。僕自身、45年前に作ったときも当時より先の時代を見ていた」と語る。

最後に永井は「昔から観てくれている人にも、これから初めて観る人にも、キャラクターの魅力をたくさん感じていただけるとうれしいです。先ほど、ギレルモさんにマジンガーのような力で抱きつかれて」と笑い、「『子供の頃にすごい影響を受けた』と感謝されましたが、彼のような素晴らしい才能が新しいマジンガーの影響を受けて次々と生まれてくることを期待しています」とファンに向けてメッセージを送った。

「劇場版 マジンガーZ(仮題)」で監督を務めたのは「ONE PIECE」や「プリキュア」シリーズで知られる志水淳児。森久保祥太郎が主人公の兜甲児、茅野愛衣がヒロインの弓さやかを演じる。公開日などの詳細は後日発表予定だ。


いや~デルトロの嬉しそうな顔と言ったら…!!
永井先生にマジンガーのような力で抱きついたデルトロ監督。
気持ちすごくよくわかりますー!
貰ったサインとイラストは「館」行きでしょうね。(笑)

[PR]
by maku-no-suke | 2017-06-15 23:00 | スタッフ

オリバーシネマ https://oriver.style/cinema/hellboy3-del-toro-comment/

ギレルモ・デル・トロ監督、ロン・パールマン主演で製作された人気コミックの映画版シリーズ『ヘルボーイ』がリブートされることについて、ギレルモ・デル・トロがその心境を明かした。

映画『ヘルボーイ』(2004年)とその続編『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』(2008年)はファンの人気が高い人気シリーズではあったものの、第3作目の制作が叶っていない。ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』『ハンニバル』などに参加してきたニール・マーシャルを監督に、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のデヴィッド・ハーバーをヘルボーイ役に迎えて新たなシリーズとして再出発することが報じられていた。


ポップ・カルチャーに造詣の深いデル・トロ監督による前シリーズはファン評価も高かっただけに、第3作目が観られないことには落胆の声が挙がっていた。デル・トロ監督も実現に向け最善を尽くしていたようで、2017年1月にはTwitterで「24時間以内に10万人の投票があったら(『ヘルボーイ3』の)交渉をする」とした上でアンケートを実施。13万票を超える賛同の声が集まったことを受け権利者と交渉に挑んだデル・トロ監督であったが、制作予算で折り合いがつかず交渉決裂。
「続編は100%ない」と報告をしていたのであった。

我が子のように育てたであろう映画『ヘルボーイ』シリーズの存続に向けて努力するも結果叶わず、ついに自分の元を離れリブートされるとなれば、デル・トロ監督とてその胸中はさぞ複雑…かと思いきや、意外にも吹っ切れておるようで、むしろ再出発を祝福するようなコメントを掲載しているのがHollywood Reporterの記事だ。同記事ではフランスで開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭でのデル・トロ監督へのインタビューに成功しており、リブートに対する現在の本人の率直な思いを聞き出している。

「ヘルボーイの権利を持っているのは、僕ではなく(原作コミック作者の)マイク(・ミニョーラ)だ。彼こそがキャラクターの父親なわけで、彼がリブートを望むなら全然良いと思う。僕は2作も作ることができた。2作もやらせてもらえるなんて考えていなかったし。だからね、プロジェクトが無事に進んで、神のご加護があればと思うよ。」

再出発する『ヘルボーイ』は、既に『ヘルボーイ/ライズ・オブ・ザ・ブラッド・クイーン(原題:Hellboy: Rise of the Blood Queen)』との仮タイトルが明かされている。

ちなみにギレルモ・デル・トロ監督は、実写映画『ピノキオ』への関心を示し続けている。同作については『007 スペクター』などで知られるサム・メンデス監督の就任が伝えられているが、デル・トロ監督は「まだ模索中なんだ。もし4,500万ドルがあったら明日にでもやろうかなと」とジョークを飛ばしている。Hollywood Reporterの同記事によれば、監督にとって次なる目標はアニメーションにまつわる作品を撮ることだという。

ともあれ、無事に前監督に背中を押されて再出発する『ヘルボーイ』と、デル・トロ監督の次回作も引き続き楽しみに待つとしよう。

確かにデルトロの言う通り、ミニョーラが父親なんだからミニョーラが望んでいればもちろん良いとは思うけど、それでもファンはあの続きが見たかったんだと思うよ~。
でも決まってしまったものは仕方ないよねえ。
デルトロとは違うヘルボーイの良さが出せれば、それはそれでいいかなあ。

[PR]
by maku-no-suke | 2017-06-14 23:00 | スタッフ

2017年1月25日 12:00

[映画.com ニュース] ファン待望の「ヘルボーイ」シリーズ第3弾に関して、ギレルモ・デル・トロ監督が自身のTwitterで突然アンケートを行った。

「ヘルボーイ3」の製作については、ここ数年、ときおりデル・トロ監督や主演のロン・パールマンの前向きな発言が報じられることはあったものの、製作費の調達が困難であることを理由に実現には至っておらず、2014年頃を最後にニュースに上がることもなかった。

ところが1月19日、デル・トロ監督が突然のTwitterアンケートを実施。「ヘルボーイ3」に対して「Yes(観たい)」か「Hell,Yes(観たいに決まってる)」の2つの選択肢を提示し、24時間以内に10万票を獲得したら、パールマンと原作者マイク・ミニョーラと話し合うことを約束するとツイートした。

結果、24時間で10万票を大きく超える13万2938票が投じられ、うち68%が「Hell,Yes(観たいに決まってる)」に投票した。これを受けて、デル・トロ監督は「ロン・パールマンに連絡した。近々会うことになったから、またお知らせします。これからミニョーラにも接触する。みんなの第1作と第2作への愛情に感動したよ」とツイートしている。

ミニョーラの同名アメコミを映画化した「ヘルボーイ」(2004)は、悪魔の子どもだが心優しい異形のヒーロー、ヘルボーイ(パールマン)の活躍を描くSFファンタジーアクション。2008年には、続編「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」も製作された。


デルトロとロン・パールマンが近々逢う事になったとは1歩前進しましたね!
この調子で映画化に漕ぎつけて欲しいです!!!

[PR]
by maku-no-suke | 2017-01-27 12:05 | スタッフ


ねとらぼ 1/19(木) 21:32配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000107-it_nlab-ent

 人気アメコミ原作映画「ヘルボーイ」の続編をめぐり、ギレルモ・デル・トロ監督のツイートが注目を集めています。前作の公開は2008年(国内では2009年公開)。果たして続編の製作は始動するのか……!?

【画像】10万票を突破したツイート

 デル・トロ監督は1月19日(日本時間)自身のTwitter(@RealGDT)上で「非公式の投票」であるとしつつも、24時間以内に10万票が集まれば、原作者のマイク・ミニョーラと主演のロン・パールマンと話の席をもうけることを確約しました。このツイートは瞬く間に拡散され、Twitterの投票機能を使った得票数は17時間弱で10万票を突破。今現在も伸び続けています。

 同作の主人公はヘルボーイという名前なだけあり、出身地は地獄。巨体に真っ赤な肌といういかつい見た目とは裏腹に、性格はナイーブで、人間界だと目立ってしまう頭のツノを日々削っているという設定があります。世界の命運をかけたガチバトルと、胸キュンな恋愛描写が並行する独特の作風にはカルトな人気があり、続編を待ち望むファンの声は根強いものがありました。

 同映画シリーズ1作目は興行収入が振るわなかったものの、ビデオソフトの売上が予想を大きく上回り、2作目の製作決定を後押ししました。ところが2作目の公開後は状況が変わり、海外でのDVD/BDの市場規模が落ち込んでいることなどの理由から、過去作以上の大作として構想されていた3作目は資金繰りが難航していました。はたして今回の投票が企画の本格始動に結びつくのか、しばらく関係者の動向から目が離せません。

出身地は地獄!ってのにちょっとウケでしまいました。
どっちかっていうと…
ヘルボーイ的(と言うかキリスト教的には)冥界って書いて欲しかったなあ。
でも10万行って本当に良かった。
とりあえずロン・パールマンとミニョーラと会って話がうまくまとまる事を祈ってます。
[PR]
by maku-no-suke | 2017-01-20 14:45 | スタッフ


2016年12月5日 17:32
小島秀夫の新作ゲーム「デス・ストランディング」の第2弾ティザートレイラーがYouTubeにて公開された。

「デス・ストランディング」は、「メタルギア」シリーズで知られる小島が企画・脚本・監督・ゲームデザインを担当したアクションゲーム。ドラマ「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダス、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「ドクター・ストレンジ」などの公開を控えるマッツ・ミケルセン、「パシフィック・リム」の監督ギレルモ・デル・トロのモーションキャプチャーを使用したキャラクターが登場する。

「デス・ストランディング」はPlayStation 4用ソフトとして開発されている。
発売時期は未定。
CGのデルトロ監督も似てますが、それよりもマッツさんの激似ぶりが最強!
あまり動かないからなのか…アップが多いからなのか…
とにかくCGと言われなければ、わからないくらいリアルでびっくりしました。

[PR]
by maku-no-suke | 2016-12-06 16:41 | スタッフ
ソース元 ギズモード 上記リンク先でそれぞれのキャラの動画が見られます。

COMINGSOON が選んだデル・トロ作品に出た最高のモンスター10選。

ナイフヘッド/「パシフィック・リム」
サマエル/「ヘルボーイ」
森の神/「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」
マーガレット/「クリムゾン・ピーク」
ベヒーモス/「ヘルボーイ」
死の天使/「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」
パン/「パンズ・ラビリンス」
リーパー/「ブレイド2」
サンティ/「デビルズ・バックボーン」
ペイルマン/「パンズ・ラビリンス」

どれも捨てがたいキャラたちですが、「ヘルボーイ」ファンとしては、
死の天使と森の神のデザインが秀逸で、私的は1位2位に挙げたいです。
3位4位は「パンズラビリンス」のパンさんとペイルマンかなあ。
結構「サマエル」の重厚なデザインも好きなんですけどね。



[PR]
by maku-no-suke | 2016-10-24 22:00 | スタッフ
20161009-01.jpg

6日にamazonに注文したデルトロ監督の洋書が到着しました。
4枚写真を撮りました。
各画像クリックで拡大します。

タイトルは…
Guillermo del Toro: At Home with Monsters: Inside His Films,
Notebooks, and Collections

ハードカバーで、大きさは 20.3 x 2 x 25.4 cm
ページは152ページです。


20161009-02.jpg

映画「パンズラビリンス」の色彩の参考にしたと思われる絵画


20161009-03.jpg

若い頃のでデルトロ監督の写真


20161009-04.jpg

映画「ヘルボーイ」に登場する骨のお守り

この他にもハリー・ハウゼンやSFグッズのコレクター、アッカーマンや
「エクソシスト」のリーガンの蝋人形のコレクションなども掲載されていて
ファンには嬉しい1冊。


[PR]
by maku-no-suke | 2016-10-09 13:00 | スタッフ
b0053010_15225479.jpg

映画ナタリー 2016年9月5日 12:02
http://natalie.mu/eiga/news/199625

映画監督ギレルモ・デル・トロによる個人コレクションの展覧会「Guillermo del Toro: At Home with Monsters」が、アメリカのロサンゼルス郡立美術館(LACMA)にて開催されている。

同展では、「パンズ・ラビリンス」「パシフィック・リム」「クリムゾン・ピーク」などで知られるデル・トロが“Bleak House(荒涼館)”と称する別邸から約500点に及ぶ収蔵品を公開。彫刻や模型、絵画、衣装、写真、書物などに加え、彼の作品のコンセプトアートといった資料や撮影に使用された美術品が、8つのテーマに分けて展示されている。

まず最初は「CHILDHOOD AND INNOCENCE(幼少期とイノセンス)」と名付けられたセクションからスタート。抑圧的なカトリックの教育やクラスのいじめっ子たちによって自身の幼少期を傷付けられた思いがある一方、本や映画、ホラーコミックに救われていたというデル・トロ。このセクションでは、時に自身の幼少期を反映することもあるという彼の作品群の子供たちがフィーチャーされている。中には「パシフィック・リム」で芦田愛菜が演じた幼少期の森マコの衣装も。

続いてのセクションでは、ホラーやファンタジーの世界観に魅せられてきたデル・トロに美術面で多大な影響を与えている、ヴィクトリア朝をモチーフにした品々を紹介。ゴシックホラー「クリムゾン・ピーク」に登場する豪華絢爛なドレスや絵画、小道具が会場に華を添える。

さらにその先には「MAGIC, ALCHEMY, THE OCCULT(魔法、錬金術、オカルト)」「FRANKENSTEIN AND HORROR(フランケンシュタインとホラー)」「FREAKS AND MONSTERS(フリークスと怪物たち)」「DEATH AND THE AFTERLIFE(死と後世)」といったセクションが。彼の監督デビュー作「クロノス」をはじめ、「デビルズ・バックボーン」「ヘルボーイ」「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」「パンズ・ラビリンス」などの作品にまつわる展示品、そして彼のイマジネーションの一端を垣間見られる自筆ノートも並べられている。複雑な順路で構成された同展を楽しむポイントについて、学芸員は「監督の頭の中のようなラビリンスで迷子になること」と教えてくれた。

「Guillermo del Toro: At Home with Monsters」は11月27日までの開催。


これねえ。日本でもやってくれないかなあ。
デルトロ監督、イマイチメジャーなようでメジャーじゃないからダメかしらねえ。
画像は、会場に応援に駆け付けたダグ・ジョーンズ!!

[PR]
by maku-no-suke | 2016-09-05 17:00 | スタッフ
b0053010_14591997.jpg

ギズモードジャパン 2016.07.28 22:30
http://www.gizmodo.jp/2016/07/guillermo-del-toro-shares-his-top-5-horror-films-and-how-films-change-with-age.html

あのデル・トロ監督もビビるホラーとは?

「パシフィック・リム」、「パンズ・ラビリンス」、「ミミック」、「クリムゾン・ピーク」などのSF、ホラー、ファンタジー映画で圧倒的な映像美と独創的な世界観を作り上げ、多くのファンに支持されているギレルモ・デル・トロ監督。

彼は不気味で想像力をかき立てられる魅力的な家に住んでおり、その書斎には壁を埋め尽くすほどのDVDやBlu-rayが並べられるほど、熱狂的な映画ファンとしても知られています。

そんなデル・トロ監督が「恐れるホラー映画」とは、いったいどんな作品なのでしょうか?


こちらはGeekTyrantが取り上げたWIREDの動画。

監督も怖がるホラーのトップ5を振り返ってみましょう。

「たたり」(1963年)
呪われた屋敷にやってきた超常現象研究チームが直面する恐怖を描いた作品。

「回転」(1961年)
古い屋敷にやってきた家庭教師を襲う子供がらみのゴシックホラー。

「エイリアン」(1979年)
言わずと知れたリドリー・スコット監督の閉鎖空間SFホラー。

「ジョーズ」(1975年)
多くの人々を海恐怖症に陥れたアニマルパニックの傑作。実はファミリーフレンドリーなPG作。

「悪魔のいけにえ」(1974年)
レザーフェイスが大暴れする、スラッシャー映画の元祖の1つ。

心霊ホラーの金字塔である名作「エクソシスト」は、若き日のデル・トロ監督を怖がらせることはなかったようですが、子供をもったことであの映画が心から怖くなったのだとか。

映画の見方、感じ方は年齢や立場によって変化することもありますが、常に怖いと感じさせてくれるのは上の5作品とのことです。そして、ホラー映画で人を怖がらせるために重要なのは死ではなく生であるとも語っています。

そんなデル・トロ監督ですが、眠れぬ夜を過ごすことになる絶叫ものの心霊体験をしたことがあるそうです。

その舞台となったのは脚本として参加した、映画「ホビット」の関係で訪れたニュージーランドのワイカト地方にあるホテル。そのホテルは呪われていると有名で、オフ・シーズンで閉まっていたものの、国が誇る「ホビット」のためということで部屋を用意してもらい、スタッフとともに滞在したそうです。

夜中に部屋でドラマ「THE WIRE/ザ・ワイヤー」のDVDを見ていると、監督の耳に飛び込んできたのは部屋の中で繰り広げられる殺人の音。そして、部屋の外に広がる大きなバルコニーでは誰かが窓をたたいていたとか……。

監督は見てはいけないと必死に目をそらし、その夜は恐怖で一睡もできなかったそうです。

image by io9 Gizmodo
source: YouTube via GeekTyrant, YouTube

(中川真知子)


私、この中では「エイリアン」と「ジョーズ」「エクソシスト」しか見てないんですが、
ほかの作品も見てみたいですね。

[PR]
by maku-no-suke | 2016-07-28 17:00 | スタッフ
b0053010_14163071.jpg
ギレルモ・デル・トロが手掛ける新ドラマのパイロット版制作が決定

クランクイン! 6月8日(水)19時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00043493-crankinn-ent

ギレルモ・デル・トロが映画『パシフィック・リム』(13)の脚本を共同執筆したトラヴィス・ビーチャムと温めてきたテレビドラマ『Carnival Row(原題)』のパイロット版が制作されることになった。Deadlineや/Filmなどの海外メディアが伝えた。

『Carnival Row(原題)』はビーチャムが11年前から企画していたもので、当初は『A Killing on Carnival Row(原題)』という題名だった。デル・トロは企画の初期から関わっており、2015年に企画を持ち込んだ米Amazonで遂にパイロット版の制作という実を結ぶ。

デル・トロ、ビーチャムと海外ドラマ『4400 未知からの生還者』のクリエイター、レネ・エシェヴァリアが共同執筆するとのことだったが、パイロット版の脚本はエシェヴァリアが1人で執筆したという。

ストーリーの舞台はバーグ(Burgue)という18世紀ロンドンを彷彿させる未来都市。人間の他、エルフやヴァンパイアなどが共存する都市の一角、妖精達が体を売るカーニバル・ロウで連続殺人事件が起き、捜査にあたった刑事が容疑者になってしまうという筋書きとのことだ。

キャストは未定。デル・トロ、ビーチャム、エシェヴァリアは、デル・トロが手掛ける海外ドラマ『ストレイン』のゲイリー・アンガーと共に製作総指揮としても名を連ねる。

---------------------------------------

デルトロが好きな世界をどういうふうに表現してくれるか楽しみです。
しかしamazonだとソフト待ちかなあ。



[PR]
by maku-no-suke | 2016-06-13 14:25 | スタッフ