ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:スタッフ( 71 )




LA映画批評家協会賞「Call Me by Your Name」とG・デル・トロ新作が3冠
G・デル・トロ新作が3冠

2017年12月4日 14:01
第43回ロサンゼルス映画批評家協会賞の受賞結果が発表された。

作品賞に輝いたのは、ルカ・グァダニーノが監督した「Call Me by Your Name(原題)」。1983年のイタリアの避暑地を舞台に、年上の男性に恋する少年の姿を描く青春映画だ。2018年春に日本公開を予定している。

グァダニーノは同作で、「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロと並んで監督賞を受賞。そのほか「Call Me by Your Name」はティモシー・シャラメが主演男優賞にも輝き、3冠を達成した。デル・トロがメガホンを取り、アメリカ政府の極秘研究所清掃員と水中生物の愛を描く「シェイプ・オブ・ウォーター」は、サリー・ホーキンスが主演女優賞、ダン・ローストセンが撮影賞に選ばれ、こちらも3冠を獲得。3月1日より日本公開される。

新人賞は、「フランシス・ハ」や「20センチュリー・ウーマン」への出演で知られ、「Lady Bird(原題)」でメガホンを取ったグレタ・ガーウィグが受賞。同作でローリー・メトカーフが助演女優賞に選ばれた。助演男優賞は「タンジェリン」のショーン・ベイカーが監督を務めた「The Florida Project(原題)」よりウィレム・デフォーに贈られたほか、「ゲット・アウト」が脚本賞、「ブレードランナー 2049」が美術賞、「ダンケルク」が編集賞に選定されている。

「シェイプ・オブ・ウォーター」が監督賞、主演女優賞、撮影賞で三冠!
嬉しいですねえ~。日本での公開は3月かあ。
まだまだ日はありますが、公開が待ち遠しいですねえ。


[PR]
by maku-no-suke | 2017-12-05 14:12 | スタッフ

「パシリム」続編デナイト監督「東京をぶっ壊すのが夢だった」新映像を日本で初披露

2017年12月4日 13:00
[映画.com ニュース] 
2018年4月公開の「パシフィック・リム アップライジング」でメガホンをとったスティーブン・S・デナイト監督と、出演者の菊地凛子が12月3日、千葉・幕張メッセで開催された「東京コミックコンベンション2017」(通称:東京コミコン2017)で、同作の新映像を世界に先駆け日本で初披露した。

ギレルモ・デル・トロ監督が、巨大生物KAIJUと人類&対抗兵器イェーガーのバトルを描いたVFX超大作「パシフィック・リム」の続編。進化を遂げたKAIJUに若きパイロットたちが新世代のイェーガーで立ち向かう。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のフィン役でブレイクしたジョン・ボヤーガが主演を務め、スコット・イーストウッドや、日本から新田真剣佑が新たに参戦、森マコ役の菊地やKAIJUオタクのニュートン博士役のチャーリー・デイが続投する。

東京コミコンのメインステージには客席数を優に超える約1000人のファンが結集。初来日を果たしたデナイト監督は「モシモシ、トーキョー」と呼びかけ、「これ以上好きになれないくらい日本が大好き。今夜帰らなければいけないんだけど、来年、完成した『パシフィック・リム アップライジング』を携えて必ずまた来るよ!」と約束し、ファンたちを熱狂させた。

前作に引き続きイェーガーのパイロット森マコを演じた菊地が、「約10年後が舞台となるんですが、新しい戦力と共に新しい戦いに向かう。森マコとして新しい成長を意識しました」と役づくりについて振り返ると、デナイト監督は、「リンコとの仕事はスリリングでとても光栄だった。早く今回の演技をみんなに見てもらいたい」と称賛した。

そして満を持して世界初公開映像が上映。ボヤーガや菊地、イーストウッド、カイリー・スパイニーらのコメントや、メイキング風景が織り交ぜながら、新世代のイェーガーのスタイリッシュで大迫力なバトルがお披露目されると、会場は大喝采。菊地も「前作の皆さんが好きな要素をすべて持ってきて、そしてより進化しているのが伝わってきましたね。絶対に私も見たい!」と大興奮だった。

新映像では、イェーガーが日本の街にそびえ立つ姿が映し出されており、デナイト監督は「東京が壊滅する可能性は高いね」とニヤリ。「ウルトラマン、マグマ大使、ジャイアントロボ、ゴジラ映画などが大好きだから、怪獣映画をつくるなら東京をボコボコにしたかった。東京の人にとっては悪夢かもしれないけど、僕にとっては夢だったからね(笑)」と特撮愛を告白。さらに、「(前作では)夜間のバトルが多かったから、せっかくなら新しいものを見せたいと思って白昼にしたんだよ」とアクションシーンの進化についても明かした。

「パシフィック・リム アップライジング」は2018年4月全国公開。
(映画.com速報)





なんとなく1作目のテイストと違って来てイマイチノリ切れてないんですが、
まだ予告だし、本編でノレる事に期待しています。
マコの出番とかあまりないのかなあ?
…って前回から10年後って設定だったんですね。
みんなそんなに変わってないように見える~。(笑)


[PR]
by maku-no-suke | 2017-12-04 17:00 | スタッフ


2017/11/9 08:25 ナリナリドットコム

先日、1年間の休業を発表したギレルモ・デル・トロ監督は、その理由は新作「シェイプ・オブ・ウォーター」の「世話をする」ためだと明かした。

デル・トロ監督は次のように語っている。

「『シェイプ・オブ・ウォーター』には半年間の絶え間ない世話が必要だと思ったんだ。サポートを見つけて、それを享受してという具合さ。(この作品は)僕の自慢の、そして一緒にいて幸福を感じる1人の人間みたいなものなんだ。こういったことは過去の作品にもあったよ」
「2001年、僕は自分の作品のなかでも2番目にお気に入りの『デビルズ・バックボーン』と同時に『ブレイド2』を撮影していたんだ。ちなみに1番は『シェイプ・オブ・ウォーター』で次に『デビルズ〜』、そして『パンズ・ラビリンス』が好きな順番だけどね。とにかく『デビルズ〜』の撮影中に『ブレイド2』の編集で忙しくなってしまってね。こういったことはもうしたくないんだ。あの映画は僕の自慢のものだったのに、楽しんで作れなかった。そして長い時間を過ごしてあげられなかったんだ」
「映画は子どもみたいなものだよ。大きく育って僕のもとを巣立ったら、もう家には帰らなくなる。大学へ行くと連絡も来なくなって。だから僕は『シェイプ・オブ・ウォーター』にはできる限り時間をかけたいと思った」

さらにデル・トロ監督は、休業前にも関わらず20世紀フォックスによる1966年のSF映画「ミクロの決死圏」のリメイク版製作に対する意気込みを次のように明かしている。

「今年の9月に発表したけど、うまくいけば来年9月にも製作を開始できるかもしれない」
「僕たちは現在準備に取りかかっていて、すでに遅れ気味なんだ。かなり難しい作品だよ、技術的にもっと理解しなければいけない部分が沢山あってね」
「今は言わば研究開発段階で、材料を積んでいるところさ。実現するかどうかはまだよく分からないね。この25年間で学んだんだ。でも僕らの計画は目下進行中だよ」

本当に自分の子供のように作品を慈しんで育て上げているデル・トロ監督!
そういうところが映像にも現れていて、だから好きなんだナーと言える記事の内容に胸が熱くなりました。ゆっくり休んで次の作品もまた愛してやって下さいね。


[PR]
by maku-no-suke | 2017-11-09 22:28 | スタッフ

ギレルモ・デル・トロ、監督を1年休業

2017年10月30日 15時38分
 映画『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』などのギレルモ・デル・トロ監督が、監督業を1年休むと地元メキシコで記者たちに語った。

 デル・トロ監督は「監督として、1年間の休暇を取るよ。『ミクロの決死圏』のリメイク版を進める予定だったけど、『シェイプ・オブ・ウォーター』をやって休みが必要になったんだ」とコメント。Twitterでも「次の秋には戻るよ」と今回の休業はあくまで期限付きのものだとつづっている。

これまでも毎年のように映画が公開されていたわけでもないので、
1年休んで、またイイ作品作って貰えればイイかなーと思っています。
ゆっくり休んで下さいね~!



[PR]
by maku-no-suke | 2017-11-01 17:24 | スタッフ

#エンタテインメント
2017年9月11日 / 09:48 / 5時間前更新
[ベネチア 9日 ロイター] - イタリアで開催されていた第74回ベネチア国際映画祭の授賞式が9日夜開催され、コンペティション部門の最高賞である金獅子賞にメキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督の米国映画「シェイプ・オブ・ウオーター」が選ばれた。是枝裕和監督の「三度目の殺人」は受賞を逃した。

同作品は、米国政府の極秘機関に捕らえられた半魚人と、機関の女性清掃員の恋を描いたダークファンタジー。

デル・トロ監督は「この受賞を、成功を夢見るすべての若いメキシコの、また中南米の映画製作者に捧げたい。不可能だと多くの人に言われたが、現実になった」と語った。

また銀獅子賞(審査員大賞)は、イスラエルのサミュエル・マオス監督の「フォックストロット」が受賞。銀獅子賞(監督賞)には「親権」のグザビエ・ルグラン監督が選出された。女優賞にはイタリア映画「アンナ」の演技でシャーロット・ランプリング、男優賞には「インサルト」のカメル・エル・バシャがそれぞれ選ばれた。

きゃーー!デルトロ監督
おめでとうございます!!


やりましたねー!
長年の苦労が報われたってところでしょうか!
これまで以上に世界に名が知れ渡って、好きな映画が撮れるようになるといいですね。


[PR]
by maku-no-suke | 2017-09-11 15:07 | スタッフ

2017年6月15日 15:30
映画ナタリー http://natalie.mu/eiga/news/236873
「劇場版 マジンガーZ(仮題)」の特別イベントがフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭2017にて現地時間6月14日に行われ、原作者の永井豪が登壇した。

同イベントは、世界的に注目を集める作品の制作過程をいち早く公開する「Making of」というプログラムの一環として実施された。

「マジンガーZ」や「UFOロボ グレンダイザー」のTシャツを着た永井ファンの熱気があふれる観客席には、「パシフィック・リム」の監督ギレルモ・デル・トロの姿も。続いて観客席に現れた永井が、デル・トロの持参したノートにマジンガーZのイラストを描きサインを添える。デル・トロは「サンキュー! ありがとう!」と大興奮の様子で永井と熱く抱擁を交わし、満面の笑みを浮かべてガッツポーズを取った。

イベントには、本作のプロデューサーであるダイナミック企画の永井一巨と、東映アニメーションの金丸裕も登壇。テレビシリーズの最終回から10年後の世界が舞台となることが発表された。また、オープニングテーマが水木一郎の歌う「マジンガーZ」新録バージョンに決定。同曲の作曲者・渡辺宙明の息子である渡辺俊幸が劇中音楽を手がけることもわかった。

さらに、本編から抜粋された特別映像が上映され会場の熱気がピークに達する中、永井が登壇。「今のほうが、マジンガーZが活躍するのにふさわしい時代だと思います。未来に対する混乱を感じながら、強い力で平和を取り戻すためのヒーローを求めている空気があると思う。僕自身、45年前に作ったときも当時より先の時代を見ていた」と語る。

最後に永井は「昔から観てくれている人にも、これから初めて観る人にも、キャラクターの魅力をたくさん感じていただけるとうれしいです。先ほど、ギレルモさんにマジンガーのような力で抱きつかれて」と笑い、「『子供の頃にすごい影響を受けた』と感謝されましたが、彼のような素晴らしい才能が新しいマジンガーの影響を受けて次々と生まれてくることを期待しています」とファンに向けてメッセージを送った。

「劇場版 マジンガーZ(仮題)」で監督を務めたのは「ONE PIECE」や「プリキュア」シリーズで知られる志水淳児。森久保祥太郎が主人公の兜甲児、茅野愛衣がヒロインの弓さやかを演じる。公開日などの詳細は後日発表予定だ。


いや~デルトロの嬉しそうな顔と言ったら…!!
永井先生にマジンガーのような力で抱きついたデルトロ監督。
気持ちすごくよくわかりますー!
貰ったサインとイラストは「館」行きでしょうね。(笑)

[PR]
by maku-no-suke | 2017-06-15 23:00 | スタッフ

オリバーシネマ https://oriver.style/cinema/hellboy3-del-toro-comment/

ギレルモ・デル・トロ監督、ロン・パールマン主演で製作された人気コミックの映画版シリーズ『ヘルボーイ』がリブートされることについて、ギレルモ・デル・トロがその心境を明かした。

映画『ヘルボーイ』(2004年)とその続編『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』(2008年)はファンの人気が高い人気シリーズではあったものの、第3作目の制作が叶っていない。ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』『ハンニバル』などに参加してきたニール・マーシャルを監督に、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のデヴィッド・ハーバーをヘルボーイ役に迎えて新たなシリーズとして再出発することが報じられていた。


ポップ・カルチャーに造詣の深いデル・トロ監督による前シリーズはファン評価も高かっただけに、第3作目が観られないことには落胆の声が挙がっていた。デル・トロ監督も実現に向け最善を尽くしていたようで、2017年1月にはTwitterで「24時間以内に10万人の投票があったら(『ヘルボーイ3』の)交渉をする」とした上でアンケートを実施。13万票を超える賛同の声が集まったことを受け権利者と交渉に挑んだデル・トロ監督であったが、制作予算で折り合いがつかず交渉決裂。
「続編は100%ない」と報告をしていたのであった。

我が子のように育てたであろう映画『ヘルボーイ』シリーズの存続に向けて努力するも結果叶わず、ついに自分の元を離れリブートされるとなれば、デル・トロ監督とてその胸中はさぞ複雑…かと思いきや、意外にも吹っ切れておるようで、むしろ再出発を祝福するようなコメントを掲載しているのがHollywood Reporterの記事だ。同記事ではフランスで開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭でのデル・トロ監督へのインタビューに成功しており、リブートに対する現在の本人の率直な思いを聞き出している。

「ヘルボーイの権利を持っているのは、僕ではなく(原作コミック作者の)マイク(・ミニョーラ)だ。彼こそがキャラクターの父親なわけで、彼がリブートを望むなら全然良いと思う。僕は2作も作ることができた。2作もやらせてもらえるなんて考えていなかったし。だからね、プロジェクトが無事に進んで、神のご加護があればと思うよ。」

再出発する『ヘルボーイ』は、既に『ヘルボーイ/ライズ・オブ・ザ・ブラッド・クイーン(原題:Hellboy: Rise of the Blood Queen)』との仮タイトルが明かされている。

ちなみにギレルモ・デル・トロ監督は、実写映画『ピノキオ』への関心を示し続けている。同作については『007 スペクター』などで知られるサム・メンデス監督の就任が伝えられているが、デル・トロ監督は「まだ模索中なんだ。もし4,500万ドルがあったら明日にでもやろうかなと」とジョークを飛ばしている。Hollywood Reporterの同記事によれば、監督にとって次なる目標はアニメーションにまつわる作品を撮ることだという。

ともあれ、無事に前監督に背中を押されて再出発する『ヘルボーイ』と、デル・トロ監督の次回作も引き続き楽しみに待つとしよう。

確かにデルトロの言う通り、ミニョーラが父親なんだからミニョーラが望んでいればもちろん良いとは思うけど、それでもファンはあの続きが見たかったんだと思うよ~。
でも決まってしまったものは仕方ないよねえ。
デルトロとは違うヘルボーイの良さが出せれば、それはそれでいいかなあ。

[PR]
by maku-no-suke | 2017-06-14 23:00 | スタッフ

2017年1月25日 12:00

[映画.com ニュース] ファン待望の「ヘルボーイ」シリーズ第3弾に関して、ギレルモ・デル・トロ監督が自身のTwitterで突然アンケートを行った。

「ヘルボーイ3」の製作については、ここ数年、ときおりデル・トロ監督や主演のロン・パールマンの前向きな発言が報じられることはあったものの、製作費の調達が困難であることを理由に実現には至っておらず、2014年頃を最後にニュースに上がることもなかった。

ところが1月19日、デル・トロ監督が突然のTwitterアンケートを実施。「ヘルボーイ3」に対して「Yes(観たい)」か「Hell,Yes(観たいに決まってる)」の2つの選択肢を提示し、24時間以内に10万票を獲得したら、パールマンと原作者マイク・ミニョーラと話し合うことを約束するとツイートした。

結果、24時間で10万票を大きく超える13万2938票が投じられ、うち68%が「Hell,Yes(観たいに決まってる)」に投票した。これを受けて、デル・トロ監督は「ロン・パールマンに連絡した。近々会うことになったから、またお知らせします。これからミニョーラにも接触する。みんなの第1作と第2作への愛情に感動したよ」とツイートしている。

ミニョーラの同名アメコミを映画化した「ヘルボーイ」(2004)は、悪魔の子どもだが心優しい異形のヒーロー、ヘルボーイ(パールマン)の活躍を描くSFファンタジーアクション。2008年には、続編「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」も製作された。


デルトロとロン・パールマンが近々逢う事になったとは1歩前進しましたね!
この調子で映画化に漕ぎつけて欲しいです!!!

[PR]
by maku-no-suke | 2017-01-27 12:05 | スタッフ


ねとらぼ 1/19(木) 21:32配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000107-it_nlab-ent

 人気アメコミ原作映画「ヘルボーイ」の続編をめぐり、ギレルモ・デル・トロ監督のツイートが注目を集めています。前作の公開は2008年(国内では2009年公開)。果たして続編の製作は始動するのか……!?

【画像】10万票を突破したツイート

 デル・トロ監督は1月19日(日本時間)自身のTwitter(@RealGDT)上で「非公式の投票」であるとしつつも、24時間以内に10万票が集まれば、原作者のマイク・ミニョーラと主演のロン・パールマンと話の席をもうけることを確約しました。このツイートは瞬く間に拡散され、Twitterの投票機能を使った得票数は17時間弱で10万票を突破。今現在も伸び続けています。

 同作の主人公はヘルボーイという名前なだけあり、出身地は地獄。巨体に真っ赤な肌といういかつい見た目とは裏腹に、性格はナイーブで、人間界だと目立ってしまう頭のツノを日々削っているという設定があります。世界の命運をかけたガチバトルと、胸キュンな恋愛描写が並行する独特の作風にはカルトな人気があり、続編を待ち望むファンの声は根強いものがありました。

 同映画シリーズ1作目は興行収入が振るわなかったものの、ビデオソフトの売上が予想を大きく上回り、2作目の製作決定を後押ししました。ところが2作目の公開後は状況が変わり、海外でのDVD/BDの市場規模が落ち込んでいることなどの理由から、過去作以上の大作として構想されていた3作目は資金繰りが難航していました。はたして今回の投票が企画の本格始動に結びつくのか、しばらく関係者の動向から目が離せません。

出身地は地獄!ってのにちょっとウケでしまいました。
どっちかっていうと…
ヘルボーイ的(と言うかキリスト教的には)冥界って書いて欲しかったなあ。
でも10万行って本当に良かった。
とりあえずロン・パールマンとミニョーラと会って話がうまくまとまる事を祈ってます。
[PR]
by maku-no-suke | 2017-01-20 14:45 | スタッフ


2016年12月5日 17:32
小島秀夫の新作ゲーム「デス・ストランディング」の第2弾ティザートレイラーがYouTubeにて公開された。

「デス・ストランディング」は、「メタルギア」シリーズで知られる小島が企画・脚本・監督・ゲームデザインを担当したアクションゲーム。ドラマ「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダス、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「ドクター・ストレンジ」などの公開を控えるマッツ・ミケルセン、「パシフィック・リム」の監督ギレルモ・デル・トロのモーションキャプチャーを使用したキャラクターが登場する。

「デス・ストランディング」はPlayStation 4用ソフトとして開発されている。
発売時期は未定。
CGのデルトロ監督も似てますが、それよりもマッツさんの激似ぶりが最強!
あまり動かないからなのか…アップが多いからなのか…
とにかくCGと言われなければ、わからないくらいリアルでびっくりしました。

[PR]
by maku-no-suke | 2016-12-06 16:41 | スタッフ