ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

合い言葉は「マルコ・ポーロ」

b0053010_13561674.jpgラスプーチンの墓で離ればなれになったヘルボーイとリズが位置発信器の応答として「マルコ」「ポーロ」という合い言葉を使っていたのですが、ずっと「なぜにマルコ・ポーロ?」と疑問に思っていたのでした。まもなく公開から1年が経とうとしている今、よーやく、謎が解明致しましたので、ご報告をばっ!

この疑問を解明してくれたのは、うちの旦那のマクタロウ。
うろ覚えながら、ネットで検索していくうちに「マルコ・ポーロ」が鬼ごっこの合い言葉だという記述があるサイトに辿り着いたんだとか。


「ネイティブ力をつくる本」ケリー伊藤 著/研究社 P36より引用


マルコポーロ:アメリカの子どもは、Marco Polo といったら、偉大なイタリアの旅行家より、プールの中での鬼ごっこを思い浮かべる。鬼はプールの端で目をつむって10数えたあと"Marco"と叫ぶ。そうすると残りの子どもたちは"Polo"と叫び返しながら水の中で鬼ごっこをする。この間、もし追われるほうの子どもの中に"Polo"と返事を返さない子がいれば、鬼はその子の名前を言う。そうすると鬼につかまらなくても、名前を言われた子は鬼になってしまう。ただし、水のなかにもぐっていれば"Polo"と叫ばなくてもよい。

…というわけで、アメリカではポピュラーな子供の遊び言葉だったわけですねー。
「もういいかい?」「まあだだよー。」みたいな…。

知っていればリズが「マルコ」と言った時点でヘルボーイが「ポーロ」と答えるだろうというのが先読み出来て、ふたりの絶妙なコンビネーションがより深く楽しめたんだろうと思うと、ちょっと残念だったりして…。
[PR]
Commented by じゅーこ at 2005-09-30 22:40 x
またおじゃましてます、じゅーこです♪
もちろん本家の方もいつも覗かせてもらってるのですが、ついついこちらにコメントしてしまう(笑)。

マルコ・ポーロ、あまり深く考えなかったけど、そういうことだったんですね~。貴重な情報ありがとうございます!
そういう細かいところまでちゃんと意味があるの、ギレルモ監督らしいですねv

えと、ちょっとお願いなんですが、このラブラブ写真お借りしてもよろしいでしょうかー?うちのブログで使っても大丈夫ですか?
美女と野獣、みたいなの大好きなんで、このシーンとかすごいときめいちゃうじゅーこなのです(笑)。
Commented by maku-no-suke at 2005-10-03 18:39
お返事遅くなってゴメンなさい。
コメントはどちらでも構わないので、遠慮なくジャンジャンしちゃって下さい。
お待ちしております。

マルコ・ポーロは、私も目からウロコでした。
普段観ている映画も、もしかしたら英語がわからず、見過ごしちゃってる部分もありかな~なんて思ったりしました。

ところでこの画像なんですが、このブログの右サイドバーのヘルボーイ・ポスターからDLしたものです。
一応、アフリエイトに登録していますが、DLはじゅーこさんのご判断にお任せ致します。

Commented by じゅーこ at 2005-10-03 23:58 x
アフリエイトってことは、お金とか絡んでくるのかしら、、?うう~ん。あんまり知識がないんです。。
とりあえずお借りしちゃいますが、ちょっと勉強してみてマズそうだったらはずします~。
わざわざお返事ありがとうございます!

そうそう、英語うんぬんといえば、ちょっと話は違うのですが、オリジナルのセリフと字幕とでだいぶ違うことってありますよね。
ヘルボーイがリズに「俺といるとはずかしい~」みたいなこと言う場面、イマイチピンとこなかった(なんで今そんなこと言うんだろう、みたいな)んですが、英語のセリフでものすごく納得いきました。すごくヘルボーイのコンプレックスとか、リズへの気遣いが伝わるのに、ちょっと残念です~(涙)。
Commented by maku-no-suke at 2005-10-06 14:00
アフリエイトは、住所とか登録して会員のような形になるんです。
それで自分のサイトにバナーとか貼って、それをクリックして買い物した
人がいた場合、いくらかその人に入金されるというシステムなんですが、私の場合、自分のサイトに画像を使いたいので、儲け云々に関係なくいくつかのアフリエイトに参加しています。

ところで、オリジナルと字幕の違い…。
あたしは英語が全く駄目なので、よくわからないのですが、英語ではなんて言っているのでしょうか?今、DVDがすぐに取り出せないところにあるので確認できません。
本だと「俺のどこが嫌いなのかわかっている。おれといると君はこの世界の外にいるように感じる」となっているのですが、この部分を「はずかしい」と訳してあったのかなあ。

自分といると疎外感を感じるだろうけど、マイヤーズは、君を普通の人間として扱ってくれる。その一番の原因の顔をなんとかしたいと思っているけど、それは無理なわけで、リズに約束出来るのは、これ以上酷い顔にならないという事と、ずっと愛し続けるというストレートな想いを語っちゃってるヘル坊が、また愛おしいんですよねー。
Commented by じゅーこ at 2005-10-12 23:18 x
忘れた頃にまたコメントしてます、ごめんなさ~い!
そうそう、英語のセリフは、本のセリフと同じだと思います!
あのシーンもともと好きなんですが、オリジナルのセリフだとじたばたするほど大好きです。
字幕も字数が限られてるから大変だとは思いますが、もうちょっと、、とついつい思ってしまいます(笑)。
Commented by maku-no-suke at 2005-10-18 08:22
こちらこそお返事遅くなってゴメンなさい。
毎日チェックしているので、じゅーこさんのカキコも気がついていたのですが、父が入院したりして、こちらまで手が回らず失礼しました。

英語のセリフ、本と同じでしたか。
やっぱり字幕は字数の制限がありますから、いかに本意を伝えられるか
翻訳者のセンスが試されますよねー。
林完治さんは健闘していると思いますが、このセリフは、ちょっと意味が伝わりにくいなあと私も思います。
by maku-no-suke | 2005-09-21 14:30 | 劇中ワード | Comments(6)