ギレルモ・デル・トロの部屋 hellboy.exblog.jp

映画「ヘルボーイ」とギレルモ・デル・トロ監督を応援するブログです!ブログのタイトルを変更しました。(2015.07.22.)


by maku-no-suke
プロフィールを見る
画像一覧

パシフィック・リム 2D字幕 6回目

20130911-02.jpg

お隣の市でまだお昼に上映されている事を知りこれが最後と
6回目の「パシフィック・リム 」を見てきました。今回も2D字幕版です!
ここ人数が80人くらいの小さい小屋でちょっと心配だったんですが、
スクリーンは小さいものの、先週静岡市まで遠征した時よりも
カイジュウの皮膚感もわかるくらい鮮やかで音もサラウンドと
重低音にメリハリがあって良かったです。
ちょっと黒味が強くて人物の顔の影が黒すぎるのが気になりましたが
その分、CGにぴたりとピントがあっていたという印象でした。

ねたばれ注意!!

以下、箇条書きでひと言感想!
・出撃の時のヤンシーのベットを叩くローリーのはしゃぎっぷりが可愛い。
・スタッカーはテンドーさんのことをミスター・チョイと呼んでいた!
・漁船のシーン。ジプシー・デンジャーの出現シーンがカッコ良すぎ!
・ナイフ・ヘッドはどうやってヤンシーを襲ったのか?
 大きい方の手で機体を壊して小さい方の手でヤンシーを連れ去ったのか?
・ポスター第2弾のジプシーが跪いているシーンって雪の中だったんだねえ。
・命の壁で働くローリーを迎えに着たスタッカーの
 「ここで死ぬのか?イェガーの中で死ぬのか?」はいつ聞いてもしびれる。
・マコのセリフ「イメージトチガウ」1回目はなんて不自然な日本語なんだと
 思ったけど2回目から違和感なく聞こえるようになるのが不思議。
・受けるローリーの「チガウッテ」もいつ聞いてもいいねえ。
・シャッタードームの格納庫のチェルノのシーンの曲とカイダノフスキー夫婦、
 その後ろに着いてくる軍服を着たクルーがカッチョエエ。
・ローリーの部屋を覗くマコが可愛い。
・ゴットリーブ博士やテンドーさんのモニターは左右から赤、緑、青の光が
 投影されて画像を出していた!!(6回目で気づいた!)
・チャックが首に提げている認識票、裏はPPDCの鳩のマークだった。
・棒術のテストでローリーがマコとの対戦を申し込んだ時のマコの
 スタッカーをみつめる目が「お願い」度120%で可愛かったのと
 そのあと更にローリーに挑発されてむきになるスタッカーが
 良い感じなんだなあ。
・毎度スタッカーさんの「キガエルンダ」に涙!
・マコの葉っぱのカーディガン!
・マコのドリフトのテストとニュートのカイジュウドリフトを交互にいれて
 スタッカーを司令室から退出させるという展開の妙。
・ニュートのドリフトのシーンの最後は目が充血するシーンで終わっていた。
 (6回目で気づいた!)
・オニババから逃げるマコ(愛菜ちゃん)の演技に見せられ、シチュエーション
 には何度見てもコーフンする!
・ジプシーから降りるようにスタッカーに言われたマコのしょぼんとした
 演技が可愛いなあ。
・マコがウサギを追ってスタッカーさんと出逢うシーンの神々しさに
 いつもため息。 あそこは愛菜ちゃんのほほえみの演技も神がかってる!!
・ローリーとふたりだけで格納庫で食事をするシーンのマコが最高に可愛い。
・香港のカイジュウのシーンは全部いいので書いてると長くなるので割愛。
・チャウさんにドリフトした事を告白する前にメガネを外すニュート!(笑)
・「これは家族のために」マコの不屈の闘志と無念を晴らす思いにいつも涙。
・とりあえずトイレに吐くゴットリーブ!(笑)
・そして躍り食いされるチャウさん!赤ちゃんに見事に下の歯がない。成る程!
・スタッカーの出撃に涙したあときりっと姿勢を正すマコがいい!
・最後の出撃の前、スタッカーを呼び止めるハリー父さんののセリフ。
 「スタッカー」と言っているのに「ペンタコスト」になっていたのが
 如何なモノかと!
・「先生、愛しています」字幕でなくても海外の人はわかったのかしら?
 アメリカ住みの人のブログではあとから出ていたと書いている人もあり。
・ラストの脱出ポットのシーン、プールで撮ったと思われますが、最後の最後
 遠くまで写るとプールと合成の海の色の違いがわかり、合成っぽく見えるのは
 わざと怪獣映画っぽくしたのかと好意的に取ってしまったり。(笑)
・エンドロールが始まってすぐ帰った人へ「本当のタイトルはここで出るよ!」
・そして「ハンニバル・チャウは生きてるよ!」(笑)

6回見て、最初はエウレカ親子に入れ込んでいたのが次第に
マコ+ローリーに変わってました。特に最初は表情が硬いと思っていた
菊地凛子のマコの一つ一つの表情が良くて…もうベタ惚れです。
もちろん発酵女子としては、ローリーの優しいところも見逃せません-!
そして最大のパシフィック・リムの魅力は…香港での戦いに尽きますね!!
特に「オオタチ」は斬新でしたねえ。あれで空飛ぶのかぁ?って思っていたら
妊娠してて、それが生まれて来ちゃうってのがねえ。
へその緒巻いちゃってるし…でも、それが功を奏してニュートがドリフト
出来ちゃうって展開も上手い。いや~まだまだ書き足りませんが…
最高の夏にしてくれてありがとう!「パシフィック・リム」
そしてデル・トロ監督、本当に本当に楽しい映画ありがとう!感謝します。
[PR]
by maku-no-suke | 2013-09-11 23:00 | 映画